ライブラリー

アーツカウンシル東京ブログ

アーツカウンシル東京のスタッフや外部ライターなど様々な視点から、多様な事業を展開しているアーツカウンシル東京の姿をお届けします。

東京アートポイント計画通信

東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを共催することで、無数の「アートポイント」を生み出そうという取り組み。現場レポートやコラムをお届けします。

2018/05/25

「思考と技術と対話の学校」2018年度授業ラインナップはただいま準備中です!―Artpoint Letterより

東京アートポイント計画では、毎月1回メールニュース「Artpoint Letter」を配信しています。

2018年5月号のメールニュースより、プログラムオフィサー・坂本有理の記事をご紹介します。


東京アートポイント計画と連動して実施している人材育成事業「Tokyo Art Research Lab」では、スクールプログラム「思考と技術と対話の学校」を展開しています。

2014年度の開校以来、アートプロジェクトを動かすための力や、紡ぐための技術を養う講座を実施してきました。

4年間の受講生はのべ655名。現場での技術向上を目指す人もいれば、受講をきっかけにアートプロジェクトと出会い、いまではアートが生活の一部となっている方もいらっしゃいます。プロジェクトの現場に行けば受講生の誰かしらに出会い、活躍している姿を目にするようになりました。

受講生同士の関係は、受講終了後もゆるやかに続いているようで、お互いの企画を応援しにいったり、あの企画おもしろそうだから見にいこうよ!と声をかけあって遠足したり、それぞれの活動の進捗や悩みを相談しあったりしているようです。じわじわと広がる卒業生のコミュニティ。アートプロジェクト界隈を支えるみなさんの様子を追いながら、学校を起点にみなさんとなにか新しい活動を生み出せないだろうか。そんな期待に満ちた思いも抱えつつ新年度をむかえています。

さて、今年度の学校についてですが、これまで取り組んできた「動かす」「紡ぐ」という要素に加え、「つくる」ことをより意識したラインアップで展開予定です。これからの時代を見据え、いまどんなアートプロジェクトが求められるのか。それを実現するには何が必要なのか。6月頃を目処に情報をお伝えできるよう準備をすすめています。どうぞご期待ください!


プログラムオフィサーによる記事は、東京アートポイント計画が毎月20日前後に配信する月刊メールニュース「Artpoint Letter」でご覧いただけます。
*登録はこちらから


*東京アートポイント計画からのご案内

東京アートポイント計画について
公式Facebookページで最新情報をお届けしています

最近の更新記事

月別アーカイブ

2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012