アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

  • 申込受付中

東京キャラバン in 秋田

東京、秋田、熊本のスゴい文化の表現者が出会い、生み出す新しいパフォーマンス。

「東京2020オリンピック・パラリンピック」の公認文化オリンピアードのひとつである「東京キャラバン」。今回は、2019年2月16日(土)と17日(日)の2日間、秋田ふるさと村・ドーム劇場にて、「東京キャラバン in 秋田」を開催いたします。
「多種多様なアーティストたちの“文化混流”から生まれる新たな表現」をコンセプトに、「東京キャラバン」の総監修を務める野田秀樹と、東京、秋田、熊本のスゴい文化を表現するアーティストらが秋田に集結。この2日間しか観ることのできないパフォーマンスを披露します。また、それに先駆けて、パフォーマンスの創作の現場であるワークショップを2018年12月8日(土)と9日(日)に特別に公開します。アーティストたちの“文化混流”と新しい表現が生まれる瞬間に、是非立ち会ってみてください!
東京、リオデジャネイロ、東北、京都、熊本、豊田、高知を旅して、数々の“わくわく”と“どきどき”を生み出してきた“旅する文化ムーブメント”は、ここ秋田でさらに進化します。どうぞご期待ください。

公開ワークショップ

東京、秋田、熊本のスゴい文化を表現するアーティストたちが出会い、2019年2月に開催するパフォーマンスに向けての創作ワークショップを行います。その模様を自由にご覧いただける、またとない機会です。

日時・会場
2018年12月8日(土)13:00~17:00 男鹿市民文化会館・小ホール(秋田県男鹿市船川港船川字海岸通り2号14-5)
2018年12月9日(日)13:00~17:00 秋田市民交流プラザALVE・きらめき広場(秋田県秋田市東通仲町4-1)

観覧
無料、事前予約不要、出入り自由

パフォーマンス

公開ワークショップで育んだ新たな創造の“種”が、秋田ふるさと村・ドーム劇場のステージで花開きます。果たして何が生まれ、何が飛び出すのか?東京キャラバンでしか観ることのできない貴重なパフォーマンスを、是非とも“生”で体験してください!

日時
2019年2月16日(土)、17日(日)各日16:30~
※雨天決行・荒天中止

会場
秋田ふるさと村・ドーム劇場(秋田県横手市赤坂字富ケ沢62-46)

観覧
無料、事前申込制・多数の場合は抽選(各日定員500名程度)
※当日席は若干数ご用意します。詳細は後日公式ウェブサイトで公開します。

応募方法
往復はがきに下記必要事項を記入して秋田県文化振興課までお送りください。
【往信あて先】
 〒010-8572 秋田市山王3-1-1 秋田県文化振興課
【往信文面】
 (1)1. 応募者の氏名(ふりがな) 2. 郵便番号 3. 住所 4. 電話番号 5. 性別・年齢 6. 同伴者の氏名(ふりがな、1名まで)
 (2)観覧希望日(2月16日、17日のいずれか)
 ※両日とも同プログラムです。
 ※座席のご指定や変更はできません。車いす席をご希望の方はご記載ください。
【返信あて先】
 応募者の住所、氏名(返信文面には何も記入しないでください。)

<注意事項>

  • ご応募は往復はがき1枚につきいずれか1日限り、お一人様につき1回お申込みが可能です。両日の申し込み及び同じ日の複数申し込みはできません。応募者多数の場合は抽選となります。
  • お申込みいただいた方には返信はがきで結果をお知らせします(2月上旬予定)。当選された方は当日はがきをご持参ください。
  • 参加資格の譲渡・転売はできません。入場の際、本人確認をする場合がありますので、身分証明書をご持参ください。
  • 提供いただいた個人情報は、本事業に関する業務以外の目的では使用いたしません。

応募締切
2019年1月25日(金)必着

応募に関するお問い合わせ
秋田文化振興課
TEL:018-860-1530(平日9:00~17:00)

参加アーティスト

野田秀樹、チャラン・ポ・ランタン(アーティスト)、 “東京キャラバン”アンサンブル、秋田市竿燈会、男鹿のなまはげ、二代目浅野梅若、山鹿灯籠踊り保存会 ほか

※出演者やプログラムの内容は予告なく変更になる場合があります。

総監修

野田秀樹(劇作家・演出家・役者)
1955年、長崎県生まれ。劇作家・演出家・役者。東京芸術劇場芸術監督。多摩美術大学教授。東京大学在学中に「劇団 夢の遊眠社」を結成。92年劇団解散後、ロンドンへ留学。帰国後、「NODA・MAP」を設立し、『キル』『オイル』『THE BEE』『エッグ』『足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』『One green bottle』など 時代に杭を穿つ作品を次々と発表。海外での創作活動や、歌舞伎、オペラも手掛け、国内外で高い評価を得る。2015年より『東京キャラバン』の総監修を務め、「人と人が交わるところに文化が生まれる」をコンセプトにした文化サーカスを日本各地で展開。コンセプトに賛同する多種多様な表現者らと、文化「混流」による独自のパフォーマンスを創作、発表し多くの観客を魅了した。2018年9月~11月NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』を東京、フランス、大阪、北九州で上演する。表現のジャンル、国境を越え、精力的に創作活動を行っている。

インターネットライブ中継配信

「東京キャラバン in 秋田」をより多くの皆さまにご覧いただけるよう、公式サイトにてインターネットライブ中継を行います。

お問い合わせ

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)事業調整課 
TEL:03-6256-8435

パフォーマンス観覧応募に関するお問い合わせ
秋田県文化振興課
TEL:018-860-1530(平日9:00~17:00)

開催場所

男鹿市民文化会館・小ホール(12/8)、秋田市民交流プラザALVE・きらめき広場(12/9)、秋田ふるさと村・ドーム劇場(2/16、17)

チラシ

クレジット

主催
東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、秋田県、横手市
事業協力
公益財団法人熊本県立劇場