アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

  • 日程変更

六本木アートナイト2021

ジャンル:
  • 美術・映像 ,
  • アートプロジェクト ,
  • 展覧会・上映会 ,
  • その他
2021年9月23日(木・祝)~26日(日)に開催を予定しておりました「六本木アートナイト2021」は、新型コロナウイルス感染症の影響により、開催を延期することにいたしました。
今後の開催につきましては現在未定ですが、主催者間で協議・検討してまいります。また、今後の方針が決定いたしましたら、ウェブサイト等でお知らせいたします。
「六本木アートナイト2021」を楽しみにしてくださっていた皆さまには、心よりお詫び申し上げます。
感染拡大防止のため、このような判断となりましたこと、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。(2021.08.26)

テーマは「マジカル大冒険 この街で、アートの不思議を探せ!」
メインプログラムアーティストは日本を代表する現代アーティスト村上隆!

「六本木アートナイト」は、六本木の街を舞台に繰り広げられるアートの饗宴。美術館をはじめとする文化施設、大型複合施設、商店街が集積する六本木の街全域にわたり、インスタレーション作品、音楽やパフォーマンス、トークなどの多様なコンテンツを展開、社会に於けるアートの更なる可能性を発信しています。2009年より継続的に開催し、都市型アートフェスティバルとして定着してまいりました。
この度、「六本木アートナイト2021」は、昨年開催取り止めとなった「六本木アートナイト2020」や、「六本木アートナイトスピンオフ・プロジェクト」のプログラム内容を引き継ぎながら、デジタルも取り入れることで、さらに充実したコンテンツで開催することが決定いたしました。
「六本木アートナイト2021」では、新型コロナウィルス感染症対策として、少しでも密を避け、作品や六本木の街を巡り、楽しんでいただくために、2021年9月23日(木・祝)から26日(日)の開催として会期を長くするとともに、リアルと、デジタルとのハイブリッドでの開催を予定しています。
今年2月には、六本木というリアルな「街」をベースとしてきた六本木アートナイトの新たな試みとして、また、アートの灯を絶やさないためにと、オンラインのみで「六本木アートナイトスピンオフ・プロジェクト」を開催し、新コンテンツとして「六本木アートナイト・デジタル(RAN TV)」が始動しました。「六本木アートナイト2021」ではこの取り組みを発展させていきます。
街がアートで彩られる非日常な空気感は、来場者とアートとの距離を縮め、心に豊かな時間を運んでくれるでしょう。また、オンラインではいつでもどこでも楽しめる、オンラインならではのアートの楽しみをお届けします。

*すべてのプログラムの内容は、当日の天候や諸般の事情により予告なく変更または中止する場合がございます。

六本木アートナイト2021 テーマ:マジカル大冒険この街で、アートの不思議を探せ!

一年に一度、六本木に、世界中からさまざまなアートが集まります。
スペシャルな「ドラえもん」を使った現代美術作品、街中に点在するインスタレーション作品、映像やパフォーマンスに加えて、デジタルで楽しめるアートナイト・デジタル(RAN TV)でも多くの映像作品、演劇、トーク・プログラムなどを発信します。
アートの魔法がかけられたこの街は、不思議が溢れるマジカルな世界に変わります。
アートの不思議を探す冒険に出れば、驚きと感動を与えてくれる発見があるでしょう。
「ドラえもん」と一緒に、マジカル大冒険をお楽しみください。

メインプログラム・アーティスト:村上隆

メインプログラム・アーティストは世界を舞台に活躍し、日本を代表する現代アーティストである村上隆です。
村上が選んだモチーフは「ドラえもん」。村上曰く「20世紀、日本が生んだ最大のポップアイコン」である「ドラえもん」を生み出したアーティスト藤子・F・不二雄と、アーティスト村上隆のコラボレーションとして、近年数々の作品を生み出してきました。六本木アートナイトでは、過去最大級のバルーン作品を制作予定です。
また、「六本木アートナイト2021」では、メインプログラムアーティストとしてだけではなく、村上隆のプロデューサー的な側面も楽しめます。
村上がキュレーションしたアーティスト達も同様に「ドラえもん」に挑み新作を制作し、それを村上プロデュースのもと、六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館の3か所に展示予定です。村上をはじめ今を生きるアーティストが、伝説のアイコンとどのようにコラボレーションするのか、期待が高まります。

村上隆
1962年、東京生まれ。日本の伝統絵画と現代美術の源流をアニメ・マンガの視覚論を通して再構想する「スーパーフラット」論を提唱。MissKo2とDOB君など、おたく文化を反映したキャラクターを多く生み出し、キッチュ性の高い彫刻作品と西洋の透視図を対極とする超二次元的な絵画を発表している。村上のサブカルチャーを基盤とする文化論は、高級/低俗のヒエラルキーを解体するだけでなく、戦後日本人の心理を批評的に描き出し、グローバル化が進むアート・シーンに日本固有の言説を確立した。また、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションや、ストリートカルチャーと現代陶芸に着目した活動を通して、現代美術の垣根を超えた観客層を世界中で獲得し続けている。2005年に自身が企画した「スーパーフラット三部作」の最終章「リトルボーイ展」ジャパン・ソサエティ(ニューヨーク)は、全米批評家連盟によるベストキュレーション賞に輝く。2007年から2009年には初の回顧展「cMURAKAMI」がロサンゼルス現代美術館を含む欧米4都市を巡回。2010年以降は、ヴェルサイユ宮殿、アルリワク展示場(ドーハ)、森美術館、ガラージ現代美術館(モスクワ)、大館(香港)など、世界中で個展を開催している。

六本木アートナイト2021 メイン・プログラム

過去最大級のバルーン作品を展示予定。六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウンと国立新美術館にバルーン作品を展示します。
展示期間:2021年9月23日(木・祝)~26日(日)
展示場所:六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館

入場料/視聴料

無料(ただし、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)

お問い合わせ

TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)※年中無休(8:00~22:00)

開催場所

【リアル】
六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21DESIGNSIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
【デジタル】
YouTubeチャンネル『RAN TV』

クレジット

主催
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、港区、六本木アートナイト実行委員会【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】
助成
令和三度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
特別協力
藤子プロ