ニュース

2018/11/27

「Shibuya StreetDance Week 2018」閉幕のご報告

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、Shibuya StreetDance Week 実行委員会(実行委員長:大西賢治 渋谷道玄坂商店街振興組合理事長)は、2018年11月19日(月)から25日(日)までの間、渋谷エリアにおいて『Shibuya StreetDance Week 2018』(以下、SSDW2018)を開催しました。11月19日(月)のキックオフ動画の配信を皮切りに、20日(火)には今年のテーマソングを書き下ろしたBeat Buddy Boi 自らが渋谷の街中でダンスパフォーマンスを披露して開催機運を高め、25日(日)に代々木公園で開催したメインイベントを含め、延べ来場者数は過去最高の29,400人を記録しました。

25日(日)のメインイベントは、SSDW2018アンバサダーのFISHBOY(RADIOFISH)と昨年のアンバサダーKENZO(DA PUMP)によるオープニングトークから華やかに幕開け。様々なダンスショーケースを披露する「BLUE STAGE」、HIPHOPやPOP、LOCK、FREESTYLEの4ジャンルでダンスバトルを繰り広げる「BATTLE PARK」、プロダンサーによる無料ワークショップを実施する「LECTURE SPOT」、ダンスカルチャーやストリートダンスを教育活動や社会奉仕活動に取り入れている団体の活動を紹介する「DANCE CULTURE BOOTH」などの多彩なプログラムを通じて、子供から大人まで幅広い方々がストリートダンスを「観て」「参加して」「交流する」一日となりました。
毎年注目を集める高校生対抗ストリートダンス選手権「SSDW CONTEST」(参加19校)は、千葉敬愛高等学校(千葉県)が見事優勝。「BATTLE PARK」では各ジャンルの予選を勝ち抜いたダンサーが即興で4人一組のチームを編成し、「チームD.R」(メンバー:烈、RION、TAKARA、RUKA)が優勝の栄冠に輝きました。
メインイベントのフィナーレを飾った「DANCE WITH music」では、テーマソングの「Beautiful Monday」が流れる中、Beat Buddy Boiによるダンスに合わせてFISHBOYや来場者が一体となって歌って踊り、SSDW2018は盛況の内に閉幕しました。

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
『Shibuya StreetDance Week 2018』 盛況の内に閉幕延べ来場者数は過去最高の29,400人を記録

事業ページはこちら

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。