ニュース

2020/09/29

「東京芸術祭2020」開幕宣言

東京芸術祭実行委員会は、明日、2020年9月30日(水)より、豊島区池袋エリアを中心に「東京芸術祭2020」を開幕いたします。東京芸術祭直轄プログラムほか、フェスティバル/トーキョー(F/T)、芸劇オータムセレクション、としま国際アート・カルチャー都市発信プログラム、Asian Performing Arts Farm(APAF)2020の事業による全35の多彩な舞台芸術のプログラムが池袋エリアを彩ります。
今年のテーマは、「どうやって出会う!」(英表記:‘To Meet or Not to Meet?’)。「東京芸術祭2020」は、誰にでも開かれた、多様な人々のための【思考や精神が外出できる】居場所として、東京という街の魅力の一端を担いたいという思いを込めています。
関係各所と協力しながら徹底した新型コロナウイルス感染症拡大防止に取り組み、安心安全な形での開催をお約束いたします。今年は、通常公演のみならずオンライン配信やVRを取り入れた公演など、これからの新しい舞台芸術の在り方を提案するため様々な実施形態で展開してまいります。

東京芸術祭2020
会期:2020年9月30日(水)~11月29日(日)
会場:東京芸術劇場、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)、東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)、GLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場) ほか 池袋周辺エリア

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
「東京芸術祭2020」開幕宣言-国内外の話題作や伝統芸能公演、野外公演など、全35の多彩なプログラムが集結

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。