ニュース

2021/02/03

東京芸術祭2021野外劇 「ロミオとジュリエット(仮)」出演者オーディション開催のお知らせ

東京芸術祭実行委員会(委員長:近藤誠一)は、2021年秋に東京芸術祭2021を開催します。

総合ディレクター・宮城聰(演出家/SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)のもと、コンセプトとして「ひらく」「きわめる」「つながる」の3つの柱を掲げ、参加事業のディレクターと協働する「プランニングチーム」による体制も4年目を迎えました。

2020年はコロナ禍のなかでも、オンライン等も駆使した約40プログラムを実施しました。そして劇場を「ひらく」アクションとして『野外劇 NIPPON・CHA!CHA!CHA!』を上演、普段劇場に足を運ぶことのない方々にもご覧いただきました。

この度、東京芸術祭2021においても、このコンセプトのもと、引き続き観客のみならず様々な俳優に門戸を開いて出会うために、野外劇を上演します。2021年は、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を、演出に昨今の幅広い創作に定評のある青木豪を迎え、2年目となるGLOBAL RING THEATRE(池袋西口公園野外劇場)で上演いたします。今回は本作品に出演する俳優を募集します。

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
東京芸術祭2021野外劇「ロミオとジュリエット(仮)」演出 青木豪 出演者オーディション開催

オーディションに関する詳細は、東京芸術祭ウェブサイトをご確認ください。

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。