アーツカウンシル東京とは

アーツカウンシル東京について

世界的な芸術文化都市東京として、芸術文化の創造・発信を推進し、
東京の魅力を高める多様な事業を展開していきます。

新たな芸術文化創造の基盤整備をはじめ、東京の独自性・多様性を追求したプログラムの展開、多様な芸術文化活動を支える人材の育成や国際的な芸術文化交流の推進等に取り組み、東京の芸術文化施策の中核的役割を果たしていきます。また、東京2020オリンピック・パラリンピックの文化プログラムに向けて、先導的役割を担うプロジェクトを展開していきます。

設立趣旨

  • アーツカウンシル東京は、芸術団体や民間団体、NPO等と協力し、東京における芸術文化創造のさらなる促進や東京の魅力向上を図ります。
  • 国際都市東京にふさわしい個性豊かな芸術文化創造や、創造性に満ちた潤いのある地域社会の構築に貢献していきます。
  • 芸術文化の自主性と創造性を尊重しつつ、専門的かつ長期的な視点にたち、新たな芸術文化創造の仕組み・環境を整えます。

アーツカウンシル東京の位置づけ

アーツカウンシル東京は、東京芸術文化評議会での政策提言やこれを踏まえた東京都の方針の下、事業を実施します。また、事業評価およびカウンシルボードでの議論等を踏まえ、東京都への事業提案等も行っていきます。

事業

上記の趣旨にのっとって、事業を行います。

事業の詳細はこちら