アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

宵祭

ジャンル:
  • 伝統文化・伝統芸能

まち全体を舞台に日本の様々な伝統芸能を楽しむフェスティバル

「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2019」は、幅広い世代や海外からの観光客を含む多くの方々に、江戸の趣きが残る神楽坂の魅力と合わせて、日本を代表する様々な伝統芸能を、気軽に見て、聞いて、触れていただける2日間です。

※本祭の詳細はこちらをご覧ください。

実施内容

店めぐり・伝統芸能ライブ

神楽坂ゆかりの伝統芸能演者が、今話題のレストランやカフェ、ライブハウスで行うミニライブ。俗曲や箏曲の他に、
「神楽坂路上界隈~新内流し」でお馴染みの新内節を、今回はステージでもじっくりとお聴きいただけます。
また江戸の端唄と、それが富山・城端に伝わり唄い継がれている庵唄、その聴き比べもお楽しみください。

日時
5月11日(土)16:00~19:40 ※雨天決行
会場及び出演
・縁香園
 16:00~16:40 桧山うめ吉(俗曲)
・THEGLEE
 17:00~17:40 鶴賀伊勢吉(新内節)
 19:00~19:40 本條満留ひで×本條秀邦(端唄) 
ゲスト 宝槌会(城端曳山祭<庵唄>)
・神楽坂モノガタリ
 19:00~19:40 吉永真奈(箏曲)
参加料
鑑賞は無料(飲食代は別途)
※開演1時間前より各会場で入場整理券を配布します。

神楽坂楽座~講釈場

その昔、人々が集う神社仏閣の境内などに設けられた講釈場からは、様々な情報が発信されました。
毘沙門天善國寺境内に再現したその講釈場を、今年は宵祭でも楽しめます。最初は落語で大いに笑っていただき、
夕暮れ近くにはじっくりと講談をお聴きください。

日時及び出演
5月11日(土)
15:00頃~15:10頃 オープニング
15:10頃~15:40頃 シリル・コピー二(落語パフォーマンス)
18:00頃~18:30頃 神田織音(講談)

神楽坂路上界隈

石畳や黒塀など風情のある神楽坂の路地や横丁。そぞろ歩けば偶然のように出逢う「流しの芸能」。
今年も、粋な姿の「新内流し」が神楽坂界隈を流します。
そして同様に、大変人気が高い城端曳山祭「庵唄」の若連中が、今年も神楽坂のまちを練り歩きます。
まちの雰囲気と一体になり、江戸の風情がよみがえるひと時です。

【新内流し】
日時
5月11日(土)16:30頃~17:30頃/18:30頃~19:30頃
会場
神楽坂界隈(寺内公園からスタート)
参加料
無料
出演
鶴賀若狭掾一門(鶴賀伊勢吉 他)

【城端曳山祭<庵唄>】
日時
5月11日(土)15:00頃~16:00頃/17:30頃~18:30頃
会場
神楽坂界隈(毘沙門天善國寺からスタート)
参加料
無料
出演
宝槌会(城端曳山祭・庵唄)

※内容は変更になる場合があります。

お問い合わせ

神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2019事務局(古典空間内)
TEL:03-5478-8265

開催場所

神楽坂エリア

チラシ

クレジット

主催
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、NPO法人 粋なまちづくり倶楽部
助成・協力
東京都
後援
新宿区、一般社団法人新宿観光振興協会
協力
東京神楽坂組合、毘沙門天善國寺、赤城神社、株式会社粋まち、神楽坂通り商店会、神楽坂商店街振興組合、江戸東京ガイドの会、光照寺、圓福寺、東京都消費生活総合センター、若宮町自治会、東京理科大学、法政大学、あずさ監査法人、第一勧業信用組合 神楽坂支店、熊谷組、ニューハウス、日本ヘルマンハープ神楽坂店、スターバックス コーヒー 神楽坂下店、ちかけん、マインド