メディアライブラリー

東京アートポイント計画活動記録集

東京アートポイント計画が、
アートプロジェクトを運営する「事務局」と
話すときのことば。の本

東京アートポイント計画は2009年に始動し、まちなかにあるさまざまな地域資源を結ぶアートプロジェクトを展開することで、その活動を継続実施するためのプラットフォーム(人的資源、拠点、ネットワーク)を形成し、地域社会の担い手となるアートNPOを育成することを目的に活動してきました。

『東京アートポイント計画が、アートプロジェクトを運営する「事務局」と話すときのことば。の本』は、5年間のアートNPO育成をとおして蓄積されてきた用語をまとめた、東京アートポイント計画の活動記録集です。これからの東京の文化創造・発信の担い手となるアートプロジェクトの「事務局」が踏まえるべき心得や技術とはどのようなものかを明らかにしています。また、東京アートポイント計画の成り立ちから、事業開始後の変遷、そして2020年に控えた東京オリンピックまでを視野に入れて語った座談会「東京アートポイント計画のはじまりとこれから」も収録しています。

CONTENTS

  • 東京アートポイント計画の必須ワード
    P.1-8

  • A.プロジェクトのいしずえ
    P.9-28

    アートプロジェクトの運営/事務局三人組/適材適所/実施4点セット(企画、人、お金、時間)/座組/資金繰り/進行管理/会議3点セット(アジェンダ、資料、議事録)/情報共有/ファクト主義/リサーチ/許認可/広報デザイン/リスクマネジメント

  • B.プロジェクトを広げる
    P.29-38

    パートナー/キャッチボール/行政との関わり/関わりしろ/活動拠点/ハブ機能

  • C.プロジェクトを続ける!
    P.39-48

    第三コーナー/アーカイブ/ドキュメント/成果物/タグ付け/振り返る/評価への準備/プログラムオフィサー

  • 東京アートポイント計画 2009-2013
    P.49-96
    P.70-96

    [座談会]
    東京アートポイント計画のはじまりとこれから
    太下義之、熊倉純子、芹沢高志、森司
    [資料]
    東京アートポイント計画とは
    東京アートポイント計画2009-2013 事業一覧

CREDIT

監修:森司
編集:坂本有理、佐藤李青、熊谷薫
編集協力:佐藤恵美
デザイン:福岡泰隆
イラスト:STOMACHACHE.
©東京文化発信プロジェクト室、2014

ダウンロード

セクションごとのダウンロードもできます。
  • 東京アートポイント計画の必須ワード(P.1−8)
    .PDF
  • A.プロジェクトのいしずえ(P.9-28)
    .PDF
  • B.プロジェクトを広げる(P.29-38)
    .PDF
  • C.プロジェクトを続ける!(P.39-48)
    .PDF
  • 東京アートポイント計画 2009-2013(P.49-69)
    .PDF
  • 東京アートポイント計画 2009-2013(P.70-96)
    .PDF