アーツカウンシル東京の事業

募集要項

2024年度「東京芸術文化鑑賞サポート助成」の申請書類等のダウンロード、申請方法詳細などは「東京芸術文化鑑賞サポート助成」特設ウェブサイトにてご確認、お申込みください。

対象団体

東京都内に本部事務所や本店所在地が存在する芸術団体、民間団体、実行委員会、劇場・ホール等

対象となる分野

東京都内で実施される以下の分野の公演や展覧会、ワークショップなど、一般観客に公開されているもの
音楽・演劇・舞踊・美術・写真・メディア芸術(映像・映画、マンガ、アニメ、ゲームなど)・伝統芸能・芸能・生活文化(茶道、華道、書道など)特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)等

対象となる事業の実施期間

2024年7月16日以降に開始し、2025年6月30日までに終了する事業

アクセシビリティ講座2024「鑑賞サポート入門」の受講

申請にあたっては、東京芸術文化相談サポートセンター「アートノト」のアクセシビリティ講座2024「鑑賞サポート入門」(※)を申請事業の制作担当(鑑賞サポート担当含む)の方に受講していただく必要があります。
(各30分程度、字幕、手話付)

1)基礎知識編
 鑑賞サポート推進の目的・意義、現場からの声「鑑賞サポートを推進する上で大切なこと」事例紹介
2)視覚障害者編
 鑑賞サポートの案内(予約から来場・鑑賞・終了まで)や、サポート・ツール等の紹介
3)聴覚障害者編
 鑑賞サポートの案内(予約から来場・鑑賞・終了まで)や、サポート・ツール、手話等の紹介

※東京芸術文化相談サポートセンター「アートノト」公式YouTubeチャンネルにて公開
https://www.youtube.com/playlist?list=PLsTZ2MWC_JVJQCIYxLCIFBS5DILrodOdZ

支援内容

鑑賞サポートにかかる費用について、150万円を上限として、実費を支援します。(助成率10/10)

例えば、手話通訳関連経費、バリアフリー日本語字幕、音声認識アプリの活用を含めたリアルタイム字幕、音声案内、コミュニケーション支援となるアプリ開発等、点字サイン、点字パンフレット、タブレット等バリアフリー対応機器レンタル費、専門スタッフ・アドバイザー費等です。
また、同伴者(手話通訳者やガイドヘルパー等 )が鑑賞・参加するために要した経費や、対象事業における鑑賞サポートにかかわるスタッフの研修なども対象とします。スロープの設置など施設整備に関する費用は対象経費となりません。
なお、外国人のお客様等への多言語対応は、それのみでの申請は対象経費となりませんのでご留意の上、他の鑑賞サポートと組み合わせてご申請ください。

申請方法

「東京芸術文化鑑賞サポート助成」特設ウェブサイトの申請フォームに必要書類を添付し提出してください。

申請期間

申請は2024年5月31日(金)より随時受付。
※事業開始3か月前の月末までに申請を完了してください。
※ただし、2024年7月16日から8月31日までに開始する事業については、2024年6月30日までに申請を完了してください。
※なお、本助成事業は助成金交付決定額の総額が予算の上限に達した時点で募集を終了します。

本件に関するお問い合わせ

「東京芸術文化鑑賞サポート助成」事務局
TEL:03-6869-6609(平日10:00~18:00)
E-MAIL:info@act-kansho.support

オンライン申請

公募ガイドライン

  • *2024年度 【東京芸術文化鑑賞サポート助成】公募ガイドライン
    .PDF

ニュース