アーツカウンシル東京の事業

一之輔落語×竹灯籠能「菊慈童」

  • 団体名 : 代々木果迢会
  • 区分 : 都内での創造活動
  • 助成タイプ : 単年
  • 分野 : 伝統芸能

事業概要

日本の舞台芸術として700年もの間脈々と続いてきた「能楽」と、古くから庶民の娯楽であった「落語」という二つの伝統文化を一度に楽しんでいただく1日限りの催し。夜の照明は寺院に自生する竹を切り出して灯籠に加工し、舞台と庭に配置して幽玄な境を演出する。
また、当日は能「菊慈童」に因んで菊の生花を舞台上に飾り、香りと華やかさを演出。さらに、能公演前には能楽師によるミニレクチャーを開講し、見どころ等をピンポイントで説明する。
能楽は敷居が高いと思われがちな人々や初めて見る方にも気軽に観て頂ける催しである。

プロフィール

「落語」:春風亭一之輔(しゅんぷうていいちのすけ)入門からわずか11年で21人抜きという異例の大抜擢で真打に昇格。その独特な語り口で落語ファンを魅了する。

「能」:浅見慈一(あさみじいち)観世流シテ方能楽師。重要無形文化財保持者。
父浅見真高及び故八世観世銕之亟に師事。三歳の時、仕舞「老松」で初舞台。海外公演や新作能、復曲能、映画等にも多数参加。父が主宰する代々木果迢会(かちょうかい)を補佐し、代々木能舞台において定期的に公演を行っている。

お問い合わせ

〒151-0053 
東京都渋谷区代々木4-36-14
代々木果迢会
事務局:浅見 理香
TEL:03-3370-2757
FAX:03-3370-2757
e-mail:info@yoyoginoubutai.com

実施場所

妙壽寺 本堂(東京都世田谷区)