アーツカウンシル東京の事業

Somatic Field Project リサーチ・公演・ネットワーキング

  • 団体名 : 合同会社 S20
  • 区分 : 芸術創造活動を主とするもの
  • 助成タイプ : 長期
  • 分野 : 舞踊

プロジェクト概要

ダンサー・振付家の梅田宏明の動きのメソッド「Kinetic Force Method」をベースとした独自の身体性の探求と実験を日本の若いダンサー達とともに取り組むプロジェクト。次世代育成と創造活動の新しい運営方法の模索と実践を目指す。東京藝術大学やフランス、シンガポールのダンス機関との協働を軸に、他ジャンルや海外アーティストとコラボレーションを行い、都内公演に加え、海外のマーケットを視野にいれた国際的な創造活動の発展に取り組む。

【1年目プロジェクト概要】
(1)台湾公演
内容: プロジェクトとして初めてとなる海外公演。台湾・台中のNational Taichung Theatreで行われるフェスティバルにて新作を発表する。ここにはアジアを中心とした海外の舞台関係者が多く集まる予定であり、プロジェクトの認知度の向上と、今後の海外公演に繋げることを目的としている。
日時: 2018年4月14〜15日
会場: National Taichung Theater(台湾・台中)

(2)Kinetic Force Methodリサーチ、ワークショップ
内容: Kinetic Force Methodの基礎向上と動きのリサーチのためのクラス。プロジェクト外のダンサーやダンス未経験者へもワークショップの形でメソッドを使用したクラスを実施することで、メソッドの普及やメソッドとしての精度の向上を目指す。
日時: 年間を通して(月1〜3回)
会場: 都内・都内近郊のスタジオ

【2年目プロジェクト概要】
(1)主催公演
内容: ダンサーのトレーニングの成果発表として公演を行い、新作を発表する。自ら公演の機会を創出し作品を発表することで、ダンサーのトレーニングとなるだけでなく、その作品をベースに国内外での公演機会を獲得することを目標とする。2年目は海外からゲストダンサーを招くことにより、よりリアルでプロフェッショナルな創作現場の経験の機会を作る。
日時: 2019年6月(15-16日予定)
会場: あうるすぽっと

(2)海外でのネットワーキング及び公演
内容: 海外の舞台芸術見本市への参加や、フランスの [H]ikari Production、シンガポールの団体Culture Linkの協力も経て、1年目に制作した作品で海外公演を行う。まずはアジアを中心に公演を行うことで、海外のマーケットでの露出の機会を増やす。また、それらを通して運営体制の安定に向けてプロジェクトを進める。
日時: 2019年10-11月頃の可能性
会場: 香港(予定)

【3年目プロジェクト概要】
(1)主催公演
内容: 振付家を招き、それまでとは違う作品形態の新作を制作する。振付家が変わることにより、必要なスキル、取り組み方なども変わる中で、ダンサーもプロジェクトもより柔軟に様々な状況に対応出来るような技術を向上させる。
日時: 2020年6月頃を予定
会場: 都内

(2)海外公演・国際共同制作
内容: 引き続き [H]ikari Production、Culture Link と協力し、海外ツアーと同時に、海外の劇場またはフェスティバルと現地のアーティストと共に共同制作を行う。この頃には助成金に頼らない運営体制を身につける。
日時: 海外公演は年間通して数回、共同制作は2020年後半を予定
会場: 未定

プロフィール

【梅田 宏明】
2002年より自身の振付作品がパリ・シャイヨー国立劇場など世界各地に招聘され、これまでの公演先は世界40ヵ国/150都市以上に上る。作品では振付、ダンスだけでなくサウンド・映像・照明デザインも手がけ、2010年アルスエレクトロニカ入賞。近年は身体的感覚にフォーカスしたインスタレーションも制作、ダンス作品を元に制作されたドーム型映像作品はドイツのFulldome Festival受賞、その他世界各地のフェスティバルで上映されている。