アーツカウンシル東京の事業紹介

Cross Transit

  • 団体名 : Office A/LB
  • 区分 : 区分なし
  • 助成タイプ : 長期
  • 分野 : 舞踊

プロジェクト概要

【1年目プロジェクト概要】
日程:2015年6月25日(木)〜
場所:カンボジア、ミャンマー
内容:振付家・北村明子と音楽監督・森永泰弘、音楽家・横山裕幸、制作・瀧本麻璃英により現地でのリサーチを実施。参加アーティストを決定する。

【2年目プロジェクト概要】
1年目に選抜されたアーティストとのクリエーション。2016年10月以降で東京での公演(もしくはワークインプログレス)
場所は交渉中。

【3年目プロジェクト概要】
2年目にクリエーションした作品での都内での本公演、及びカンボジア公演。日程、場所は調整中

プロフィール

北村明子(肩書き:振付家・ダンサー、信州大学人文学部准教授)

早稲田大学在学中、95年文化庁派遣在外研修員としてベルリンに留学。01年Bates Dance Festival(USA)、03年American Dance Festival(USA)委託作品発表。01年代表作“finks”は多数都市にて上演、モントリオールHOUR紙2005年ベストダンス作品賞受賞。05年ベルリン「世界文化の家」委託作品”ghostly round”は世界各国で絶賛を得た。ACE dance&music(英・2007/2011)、Artzoyd(仏・2009,2010)など海外作品振付・出演も積極的に行う。2011年インドネシアとの国際共同制作 To Belong projectをスタートし、ジャカルタ、東京、神戸、茅野、シンガポールにて毎年新作を上演。2014年にはDance New Airにて『To Belong/Suwung』(10月3~5日、青山円形劇場)を発表、12月にはインドネシア公演を成功させた。同年、国際共同制作インドネシアオペラ『Gandari Dance Opera』 (2014年12月12,13日、Teater Jakarta、振付提供)がインドネシアのTempo紙にてベストパフォーマンス賞受賞。2013~14年度信州大学文化庁事業の総合プロデュースを担当。2015年ACC個人助成日米芸術交流プログラムグランティスト。

お問い合わせ

Office A/LB
制作:瀧本麻理恵
TEL:03-5377-3272
e-mail:mariemarie1116@gmail.com