アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

  • 開催終了

TERATOTERA祭り2018 Walls

―わたしたちを隔てるもの―

ジャンル:
  • 美術・映像 ,
  • アートプロジェクト ,
  • 展覧会・上映会 ,
  • その他

JR中央線沿線で様々なアートイベントを展開しているTERATOTERA(テラトテラ)が、街中でのアート展をはじめ、パフォーマンスやトークイベントを盛り込んだ展覧会「TERATOTERA祭り」を開催します。2011年度から始まり8度目となる今回は、11月16日、17日、18日の3日間、三鷹駅周辺の空き店舗など7ヶ所を舞台に開催!気鋭のアーティストたちが、インスタレーションやパフォーマンス、絵画や映像などの作品を発表します。TERATOTERAならではの作品体験をぜひお楽しみください。

Walls ―わたしたちを隔てるもの―

「平成最後の~」というフレーズを耳にすることが多くなった。今回の「TERATOTERA 祭り」も「平成最後」。だから、少しだけ平成という時代を振り返ってみたい。
メディアの「平成」評価はおおむね辛口だ。バブル景気がはじけた後の「失われた20 年」、阪神・淡路大震災に続く東日本大震災という未曾有の災厄、そして収束の目処さえつかない東京電力福島第一原子力発電所事故と振り返れば、低迷した時代の様相は露わだ。海外でも、「9.11」に端を発したテロと報復戦争が連鎖し、多くの人々が難民となった。世界の諸国は協調から自国優先へと転じ、対立と亀裂が深まっている。トランプ米国大統領が訴える国境の「壁」は、そうした現実のグロテスクな戯画といえそうだ。
今回、「TERATOTERA 祭り」のコンセプトをめぐって、わたしたちひとりひとりが直面する課題を語り合った。貧困や障害による格差と差別、ジェンダーや性的自認の多様性への忌避ないしは拒否、国籍や思想に対する憎悪を隠さない言動……。ひとびとを分断する動きに通底するキーワードとして浮かび上がったのが「壁」だった。
すでに社会的な課題として顕在化した「障壁」もあれば、視覚化されていない「見えない壁」もある。意識化されないまま心地よくもたれかかっていられる「柔らかな壁」が、わたしたちの内側にもあるのではないか。そうした論議をへて、「Walls-わたしたちを隔てるもの-」が今回のコンセプトとなった。
ここで想起したいのが、1989 年(まさに平成元年)、ベルリンを分断していた「壁」が、それを越えようとする市民の熱量によって撤去されるにいたった、という事実。それが契機となって「冷戦」が終結し、「壁のない世界」への期待が高まった。付け加えれば、その2年前、「壁」の西側でライブを敢行したアーティストがいた。イギリスのミュージシャン、デイヴィッド・ボウイだ。壁越しに響くボウイの音楽が、東側の市民をささやかにであれ揺さぶったことは想像に難くない。
アートは課題を指し示す役割を果たすことができる。今回の「TERATOTERA 祭り」で私たちは、アーティストが「壁」に向き合うことを期待し、それに協力したいと思う。厳然として存在する「壁」だけでなく、見えない「壁」、さりげなくわたしたちの心に忍び込む「壁」。どのような「壁」が立ち現れるのか、不安を抱きつつ期待したい。

Teraccollective


Teraccolletive
TERATOTERAのボランティアスタッフであるテラッコの歴代コアメンバー16名によって2018年に設立しました。メンバーの職業、年齢、性別は様々ですが、アーティストやアートの現場を支援し共に作り上げていきたいという強い想いを共有しています。TERATOTERA祭り2018は、Teraccollective(テラッコレクティブ)が手がける初めてのプロジェクト。今回を皮切りに、裏方だけのコレクティブとして、アートにまつわる様々な人や現場を支え盛り上げていきます。

※プログラムは内容が変更になる可能性があります。

当日の各プログラムの変更・中止等最新情報はTERATOTERA公式Twitter/Facebookにてご案内いたします。

参加費

無料

参加アーティスト

Tuan Mami、遠藤麻衣、キュンチョメ、小林清乃、地主麻衣子、砂連尾理、高田冬彦、林千歩、maadm、本間メイ

【ART】

気鋭のアーティストによる、インスタレーションや絵画、映像、パフォーマンス作品などの作品展示。まずは北口交番横(東京都武蔵野市中町1-14)へお越しください。詳細マップをお配りします。

アート展示

日時:11月16日(金)、17日(土)、18日(日)11:00~18:00 ※スペースエルベは18:30 まで

Tuan Mami
会場:武蔵野芸能劇場 小ホール(東京都武蔵野市中町1-15-10 2階)

小林清乃
会場:旧竹田製麺所(東京都武蔵野市中町2-17-2)

高田冬彦
会場:みたかスぺースあいB(東京都三鷹市下連雀3-28-20 1階)

林千歩
北口交番横(東京都武蔵野市中町1-14)

maadm
三鷹中央ビル2階(東京都三鷹市下連雀3-28-20)

本間メイ
三鷹中央ビル2階(東京都三鷹市下連雀3-28-20)


映像上映1「完璧なドーナツをつくる」(アーティスト:キュンチョメ)

日時:11月16日(金)、17日(土)、18日(日)11:00~18:30(上映時間85分、インターバル5分)
会場:スペースエルベ(東京都武蔵野市中町1-2-9 サンローゼ武蔵野 2階)
※会期中にイベントを予定。上映時間や最新の情報は、決まり次第公式ウェブサイトで公開します。


映像上映2「欲望の音」(アーティスト:地主麻衣子)

日時:11月16日(金)、17日(土)、18日(日)11:30~、13:15~、15:00~、16:45~(上映時間69分)
会場:芸能劇場 小劇場(東京都武蔵野市中町1-15-10)

【Performance】

パフォーマンス(タイトル未定)

昨年、「アイ・アム・ノット・フェミニスト!」を発表した遠藤麻衣による、3日限りの新作パフォーマンス!
日時:(各回約20分)
11月16日(金) 13:00~、15:30~、17:30~
11月17日(土) 13:30~、16:00~
11月18日(日) 13:00~、15:30~、17:30~
会場:HYM(東京都武蔵野市中町1-5-8 ハモニカ横丁ミタカ)
アーティスト:遠藤麻衣
ゲスト出演:神村恵


妊婦さんと踊る

障害者や高齢者、避難所生活者などとのプロジェクトを手がけ、アートと社会を繋ぐ活動を展開しているダンサー・振付家の砂連尾理が今回は妊婦さんとの対話からなるワークショップ形式のパフォーマンスを行います。
日時:11月18日(日)14:00~15:00
会場:武蔵野タワーズ スカイゲートタワー前広場(東京都武蔵野市中町1-12-10)
アーティスト:砂連尾理
演出:砂連尾理
音楽:片岡祐介
出演:古原彩乃(妊娠7ヶ月)、砂連尾理
特別出演:椎野まりこ(まんまる助産院院長)
※踊りたい妊婦さん募集中!申込方法・詳細は決まり次第公式ウェブサイトで公開します。

 【Talk】

今回のTERATOTERA 祭りのテーマに掲げた「Walls – わたしたちを隔てるもの – 」を軸に、参加アーティストが登壇し、自身が抱えている壁、その壁との向き合い方など語り合います。
日時:11月17日(土)18:30~20:30
会場:三鷹中央ビル2階(東京都三鷹市下連雀3-28-20)
出演:全参加アーティストを予定

お問い合わせ

TERATOTERA事務局
〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7 Art Center Ongoing内
TEL:090-4737-4798
E-mail:info@teratotera.jp

開催場所

三鷹駅周辺施設、空店舗など

チラシ

クレジット

主催
東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人Ongoing
協力
HYM(ハモニカ横丁ミタカ)、UR 都市機構、まちづくり三鷹、三菱地所コミュニティ株式会社
後援
三鷹市、武蔵野市