アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

  • 開催終了

文化施設担当者のためのオンライン勉強会

ジャンル:
  • 音楽 ,
  • 講座・シンポジウム

コロナ禍における米国若手アーティスト活動と支援の状況に学ぶ

このオンライン勉強会では、米国カーティス音楽院 キャリア教育科主任のメアリ・ジャヴィアン氏をお迎えし、米国における若手アーティストの現状とその支援体制などについてお話を伺います。
若手アーティストの育成・支援に取組む(または関心がある)文化施設の皆様と、国外の現状や課題を共有しながら、ウィズコロナ時代において日本でも持続的に実施可能な若手アーティスト支援や具体的な活動について模索します。

内容

  1. 米国(特にフィラデルフィア地区)における現状の共有
    若手アーティスト支援やアウトリーチ活動(教育普及・社会包摂)の取組み現状
    コロナによって受けた影響や実施課題
  2. コロナ禍における若手アーティスト支援を考える
    若手アーティストはどのような課題や難しさを抱えているか
    どのような支援が若手アーティストに必要とされているか

※日英通訳あり

講師

メアリ・ジャヴィアン(コントラバス奏者/米国カーティス音楽院 キャリア教育科主任)
音楽教育と地域参画に精力的に取組む。音楽家、キュレーター、ティーチング・アーティスト、さらには指導者(メンター)として、音楽を用いて地域社会にポジティブな変化をもたらすことを目指している。元IRIS管弦楽団首席コントラバス奏者。これまでにフィラデルフィア管弦楽団などと各地で演奏を行っている。

対象

文化施設関係者など

定員

100名程度(事前申込制、先着順)

料金

聴講無料

お申込み

専用申込フォームよりお申込みください。

申込締切
2021年2月18日(木)15:00まで

注意事項

  • お申込みは先着順で受付し、定員に達した時点で締切りとなります。但し、キャンセル等により空席がでた場合は、随時申込みを再開いたします。キャンセル待ちは受付しておりませんので、何卒ご了承ください。
  • お申込みが重複した場合は、1回目のお申込みのみ有効とします。
  • 申込み時に登録するメールアドレスに受信制限設定をされている場合は、「@t-bunka.jp」からのメールを受信できるように設定してください(受信制限設定をされていると、応募完了のメールや、受講直前のご案内をお受取りいただけません)。
  • お申込者ご本人のみの受付となります。

※記録のための撮影および録画を行います。撮影した写真・動画は東京文化会館の報告書や広報物、SNS等で使用されます。予めご了承ください。
※やむを得ない事情により、内容が変更になる場合がございますので予めご了承ください。

お問い合わせ

東京文化会館 事業係
東京ネットワーク計画担当
TEL:03-3828-2111(代表)(平日10:00~17:00)

開催場所

オンライン(Zoomミーティング)

クレジット

主催
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京文化会館・アーツカウンシル東京
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)、独立行政法人日本芸術文化振興会