アーツカウンシル東京の事業

「オペラ@能楽堂」ヨーロッパ公演(仮称)

  • 団体名 : 「オペラ@能楽堂」ヨーロッパ公演実行委員会
  • 区分 : 海外
  • 助成タイプ : 単年
  • 分野 : 音楽, 演劇, 伝統芸能

事業概要

マルカントワーヌ・シャルパンティエ作曲のオペラ「アクテオン」、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ作曲のオペラ「リヴィエッタとトラコッロ」を、「アクテオン」は能、「リヴィエッタとトラコッロ」は狂言の形式を用いた演出で演じる。舞台セットは能楽堂に類似の様式。演者は能楽師と声楽家、演奏は能楽囃子方と西洋楽器奏者が共演。日本が世界に誇る伝統芸能である能・狂言と、ヨーロッパの伝統芸能であるオペラを本質的に融合させた、これまでになかった新しい説得力を持つ上演形態の創造。

主なスタッフ 音楽監督:桐山建志 演出:伊香修吾 他
主なキャスト アクテオン役:櫻間右陣 リヴィエッタ役:臼木あい トラコッロ役:善竹富太郎 他

プロフィール

【「オペラ@能楽堂」ヨーロッパ公演実行委員会】
2011年6月に東京で初演され好評を博した「オペラ@能楽堂」をヨーロッパで巡回公演すべく、都内を中心に22年間のコンサート企画・制作の実績を持つ株式会社センターヴィレッジを中核団体として、前回の公演関係者および企画趣旨に賛同する各界メンバーによって、2012年9月、「オペラ@能楽堂」ヨーロッパ公演実行委員会が組織された。「オペラ@能楽堂」ヨーロッパ公演を通じてオペラ上演の新しいかたちを日本から世界へ発信し、東西文化の交流および日欧の友好に寄与することを目的とする。

お問い合わせ

〒162-0065 新宿区住吉町1‐17 シルバープラザ市ヶ谷509号
株式会社センターヴィレッジ内
TEL: 03-5367-8345

実施場所

パリ日本文化会館(パリ)
マドレーヌ劇場(ジュネーヴ)
リギブリック劇場(チューリッヒ)
ローザンヌ連邦工科大学ラーニングセンター(ローザンヌ)