アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

東京キャラバン in 埼玉

埼玉県の躍動感あふれる文化と東京のアーティストとが巡り会い、新しいパフォーマンスの可能性を広げる!

「東京キャラバン」は、野田秀樹(劇作家・演出家・役者) 総監修のもと、言語や国境、表現ジャンルを超えた多種多様なアーティストたちへの参加を呼びかけ、これまでおおよそ交わることのなかった表現者同士の“文化混流”を実現させることで、新しい表現によるパフォーマンスを創出し続けている“旅する文化ムーブメント”です。
日本中を巻き込み、東京2020大会以降の未来へと続く文化活動のプラットフォームになることを目指し、芸術文化界で活躍する著名人や新しい才能と若きパワー溢れる表現者たちを迎え、全国各地で「文化サーカス」を繰り広げています。

「東京キャラバン in 埼玉」では、心に刻まれるオリジナル楽曲とエネルギッシュなパフォーマンスによる独創的な音楽劇で人気を博す「FUKAIPRODUCE羽衣」の糸井幸之介と深井順子、そして日本のコンテンポラリーダンス界の第一線で活躍する振付家・ダンサーの黒田育世がタッグを組み、リーディングアーティストを務めます。
木々の緑も深みを増す6月、3人は創作の糸口を見つけに埼玉県内を巡り、歴史や風土、その土地に生きる人々が大切にしてきた文化などをリサーチしました。そして今回、東京から参加する俳優・ダンサーのほか、秩父音頭やスティールパン(カリブ海のトリニダード島で生まれた打楽器)などを披露する埼玉の伝統芸能の担い手や表現者たちが、3人のリーディングアーティストとともにジャンルを超えた“文化混流”に挑戦。新しい表現によるパフォーマンスを創作します。
東京、リオデジャネイロ、東北、京都、熊本、豊田、高知、秋田、いわきを旅して、進化してきた旅する文化ムーブメントが、埼玉でどんな文化の種を蒔き、“わくわく”と“どきどき”を掻き立てるのか。2020年のその先へと続く物語にどうぞご期待ください!!

観覧

無料、事前予約不要

参加アーティスト

糸井幸之介/深井順子(FUKAIPRODUCE羽衣)、黒田育世(振付家・ダンサー)、石川朝日(俳優)、大石丈太郎(俳優)、澤田慎司(俳優)、代田正彦(俳優)、日髙啓介(俳優)、山森大輔(俳優)、Steelpan Band -Pele- & Colors、皆野民俗芸能奏楽研修会(秩父音頭) 、小松陽佳留(衣装)、青木兼治(映像)、金子愛帆(写真)

東京キャラバン総監修
野田秀樹(劇作家・演出家・役者)

※出演者やプログラムの内容は予告なく変更になる場合があります。

インターネットライブ中継配信

「東京キャラバン in 埼玉」をより多くの皆さまにご覧いただけるよう、公式ウェブサイトにてインターネットライブ中継いたします。

お問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 事業調整課 
TEL:03-6256-8435

開催場所

大宮公園・埼玉百年の森内特設会場(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4)
※「埼玉 WABI SABI 大祭典 2019」と同時開催
※雨天時は大宮公園体育館にて実施

チラシ

クレジット

主催
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、埼玉県
後援
さいたま市