アーツカウンシル東京が主催・共催するイベント情報

  • 開催中

応答するアートプロジェクト|ケーススタディ・ファイル

ジャンル:
  • アートプロジェクト ,
  • その他

アートプロジェクトを詳細に見ることで、社会状況との連関を捉える

2011年以降に生まれた多様なアートプロジェクトを取り上げ、どのようにプロジェクトが発生し、続いてきたのか、これからどこへ向かおうとしているのかを実践者が語ります。ひとつひとつのアートプロジェクトを詳細に見ていくことで、社会状況とアートプロジェクトとの連関を捉えます。

ケーススタディ

【File 09】釜ヶ崎のおじさんに教わった
ゲスト:上田假奈代(詩人/詩業家)
「学び合いたい人がいれば、そこが大学」として、2012 年より大阪市西成区釜ヶ崎でスタートした「釜ヶ崎芸術大学」。11年目を迎え、地域のさまざまな施設を会場に、天文学、哲学、美学など、年間約100の講座を開催しているこの大学のはじまりと、活動の広がりと出会い、これからの構想について。
[2023年9月6日(水)公開]


【File 10】大風呂敷を広げる
ゲスト:山岸清之進(プロジェクトFUKUSHIMA! 代表/ディレクター)
2011年の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故を契機に、福島出身/在住の音楽家と詩人を代表とし、集まった福島県内外の有志によって立ち上げられた「プロジェクトFUKUSHIMA!」。各地から集まった布を縫い合わせた色とりどりの大風呂敷とともに広がるプロジェクトの変遷と現在について。
[2023年9月20日(水)公開]


【File 11】旅人として回路をつくる
ゲスト:小森はるか+瀬尾夏美(アートユニット)
2011年3月、ともに東北沿岸へボランティアに行ったことをきっかけに活動を開始したアートユニット小森はるか+瀬尾夏美。各地での対話の場づくりを行いながら、風景と人びとのことばの記録を軸に作品制作を続けるふたりの、活動を通した気づきや、広がりについて。
[2023年10月4日(水)公開]


【File 12】その場に“置かせてもらう”ために
ゲスト:平野真弓(Load na Dito Projects共同設立者/キュレーター)
フィリピン・マニラを拠点にインディペンデント・リサーチャー、キュレーターとして活動し、文脈に根付いたキュレーションの方法を探っている平野真弓さん。10年の活動から得たその土地の歴史や風土、社会と寄り添いながらリサーチを行う際の態度と向き合い方について。
[2023年10月18日(水)公開]


【File 13】声を刻む
ゲスト:A3BC(木版画アート・コレクティヴ)
反戦、反核をテーマに木版画を集団制作し、アート・アクティヴィズムを実践するアート・コレクティヴ 「A3BC」。個人が有機的につながる「コレクティブ」という形で、参加する誰もが自分の中の問いをもちより、対話し、表現することにチャレンジできる場をつくりだす、その草の根的な実践について。
[2023年11月15日公開]

ゲストプロフィール


上田假奈代(詩人/詩業家)
1969年吉野生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。2001年「ことばを人生の味方に、詩業家宣言」。2003年、大阪・新世界で喫茶店のふりをしたアートNPO「ココルーム」を立ち上げ、釜ヶ崎に移転し、2012年「釜ヶ崎芸術大学」開講。2016年ゲストハウスのふりもはじめ、釜ヶ崎のおじさんたちとの井戸掘りなど、あの手この手で地域との協働をはかる。大阪公立大学都市科学・防災研究センター研究員、NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表理事。堺アーツカウンシルプログラム・ディレクター。大手前大学非常勤講師。

 撮影:高木俊幸
山岸清之進(プロジェクトFUKUSHIMA!代表/ディレクター)
1974年福島市生まれ。慶応義塾大学大学院在学中よりメディアアートユニットflowを結成し国内外で活動を開始。NHKの教育番組「ドレミノテレビ」(グッドデザイン大賞、2004年)や、ウェブサイト「NHKクリエイティブ・ライブラリー」(日本賞、2013年)などを企画制作。2006年、鎌倉を拠点とするクリエイティブチーム「ROOT CULTURE」を立ち上げる。2011年の東日本大震災の直後よりプロジェクトFUKUSHIMA!に参加。2015年から同プロジェクトの代表を務める。


小森はるか+瀬尾夏美(アートユニット)
小森はるか(映像作家/1989年生まれ)と瀬尾夏美(アーティスト/1988年生まれ)によるアートユニット。2011年3月、ともに東北沿岸へボランティアに行ったことをきっかけに活動開始。2012年より3年間、陸前高田市に暮らしながら制作に取り組む。2015年、土地と協働しながら記録をつくる組織、一般社団法人NOOKを設立し、仙台に拠点を移す。 現在も、各地での対話の場づくりを行いながら、風景と人びとのことばの記録を軸に作品制作をしている。


平野真弓(Load na Dito Projects共同設立者/キュレーター)
大阪生まれ、マニラ在住。2016年に「ロード・ナ・ディト」をマーク・サルバトスと共同設立し、文脈に根付いたキュレーションの方法を探っている。教育と連帯のプラットフォームとしての展覧会やフェスティバルの機能と可能性に関心をもつ。現在、日比の芸術連帯運動の歴史について調査を行うと同時に、こうした運動を支える「オーガナイズ」の仕事が美術史において周縁化されてきたことに対する疑問から、女性カルチュラルワーカーに関する調査とライティングワークショップを共同開催している。フィリピン大学ディリマン校芸術学部シニア・レクチャラー。


A3BC(木版画アート・コレクティヴ)
東南アジアのアート・コレクティヴに刺激を受け、反戦、反核をテーマに木版画を集団制作し、アート・アクティヴィズムを実践するアート・コレクティヴとして2014年に設立。インフォショップ「イレギュラー・リズム・アサイラム」を拠点に毎週活動している。社会運動の現場で役立つポスターやバナーの制作、展覧会への参加、市民が自由に参加できるワークショップ、パフォーマンスやコラボレーションなど、木版画をメディアにさまざまなつながりを形成している。また近年は東アジア、東南アジア圏のアート・コレクティヴ等とのネットワークと活発に交流している。

ナビゲーター


芹沢高志(P3 art and environment 統括ディレクター)
1951年東京生まれ。神戸大学理学部数学科、横浜国立大学工学部建築学科を卒業後、(株)リジオナル・プランニング・チームで生態学的土地利用計画の研究に従事。1989年にP3 art and environmentを開設。1999年までは東長寺境内地下の講堂をベースに、その後は場所を特定せずに、さまざまなアート、環境関係のプロジェクトを展開している。
帯広競馬場で開かれたとかち国際現代アート展『デメーテル』の総合ディレクター(2002年)、アサヒ・アート・フェスティバル事務局長(2003~2016年)、横浜トリエンナーレ2005 キュレーター、別府現代芸術フェスティバル『混浴温泉世界』総合ディレクター(2009年、2012年、2015年)、デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)センター長(2012~2021年)、さいたまトリエンナーレ2016ディレクター、さいたま国際芸術祭2020参与を歴任。さいたま国際芸術祭2023プロデューサー。

配信

Tokyo Art Research Lab公式YouTubeチャンネル

お問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
事業部事業調整課事業調整係 TARL事務局
TEL:03-6256-8435(平日10:00~18:00)
E-mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp

クレジット

主催
東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京
企画運営
P3 art and environment