アーツカウンシル東京の事業

募集要項

対象となる事業の実施期間

2023年7月1日以降に開始し、2024年6月30日までに終了する事業

対象となる事業

(1)社会的な環境により芸術の体験や参加の機会を制限されている人が、鑑賞・創作等の芸術体験を行い、創造性を発揮したり想像力を豊かにすることができる活動

(2)自らの問題意識に基づいて社会課題を設定し、さまざまな人や組織と連携・協働を行いながら課題解決に取り組む芸術活動

対象となる申請者

東京都内に本部が所在する団体(芸術団体、NPO、中間支援団体、福祉団体等)
※法人格の有無、種別は問いません。

実施場所

都内又は海外
※オンライン公開を含む。

対象となる芸術分野

芸術の分野は問いません。

申請上限額

200万円かつ、助成対象経費の2/3以内

申請方法

※簡易書留など、発送記録が確認できる方法で、下記宛てに送付してください。持ち込み不可。
公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 企画部 助成課
「芸術文化による社会支援助成」担当宛
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-28 九段ファーストプレイス5階

申請受付期間

2023年1月27日(金)~3月7日(火)消印有効

注意事項

※公益財団法人東京都歴史文化財団が管理運営する各施設との共催事業や提携事業は助成対象となりません。
※東京都や公益財団法人東京都歴史文化財団が主催、共催する事業、あるいは東京都や公益財団法人東京都歴史文化財団から補助金、支援金、助成金、委託費等が支給されている事業又は支給を予定されている事業は、助成対象になりません。

本件に関するお問い合わせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 企画部 助成課
TEL:03-6256-8431(平日10時~18時) FAX:03-6256-8828
お問い合わせフォームはこちら

公募ガイドライン

  • *令和5年度 第1期【社会支援助成】公募ガイドライン
    .PDF

申請書類

  • *令和5年度 第1期【社会支援助成】助成金交付申請書
    .DOC
  • *令和5年度 第1期【社会支援助成】収支予算書
    .XLSX
  • *令和5年度 第1期【社会支援助成】申請団体基本情報
    .DOC
  • *令和5年度 第1期【社会支援助成】誓約書
    .DOC
  • *令和5年度 第1期【社会支援助成】提出書類の詳細 兼 チェックリスト
    .PDF

申請書類作成の手引き(記入例)

※申請書類作成の手引きは、公募ガイドラインの中に、「【別添】◇申請書類作成の手引き」として掲載していますのでご参照ください。

採択概況

令和5(2023)年度 第1期 芸術文化による社会支援助成 採択結果の概況

◆申請件数(採択件数):59件(11件)

申請件数は平成31年度以降毎年微増傾向にありましたが、今期は飛躍的に伸び、昨年度第1期の1.5倍以上に及ぶ申請件数となりました。そのち約7割に当たる41件が、本助成プログラムに初申請の団体からの申請です。申請件数増加の背景には、新型コロナウイルス感染拡大防止のためのワクチンの普及や規制緩和の方針が明らかになったことに伴い、各所で芸術活動が再開されてきたことと同時に、本助成プログラムの趣旨とも共通する内容の多いSDGsやウェルビーイングの概念が、芸術活動の担い手に広く浸透してきたことがあると窺えます。
審査に当たっては、計画性、先駆性・独創性、効果の広がり、継続的発展性を総合的に判断する中で、とりわけプロジェクトの目標や対象者が明確に定められているかがポイントとなりました。採択事業の内容は、障害者による芸術創造活動やその担い手となる人材の育成事業、さまざまな事情を抱える人々を芸術鑑賞や表現活動とつなぐ取り組み、そして、アーティストから障害者を含む一般の人々へのワークショップを通したリサーチなど多岐にわたります。3年間の優先的支援対象として新規採択となった2件は、活動領域は異なりますが、いずれも向き合う課題の当事者が主体的に取り組む活動です。3年計画の具体性や、成果がもたらす社会的なインパクトを踏まえ、継続的支援に適していると判断しました。

助成対象事業

採択件数 :
11
申請件数 :
59

区分なし (1)