アーツカウンシル東京の事業

鈴木希果個展 PARADIGM SHIFT

  • 団体名 : 鈴木希果
  • 区分 : 都内での創造活動
  • 助成タイプ : 単年
  • 分野 : 美術・映像

事業概要

2021年10月10日から10月19日の間、鈴木希果個展「PARADIGM SHIFT」を開催する運びとなった。
2020年、作家:鈴木希果は、コロナ禍の混沌とした東京での生活と信楽での滞在制作、この2つの対照的な経験を通して、アーティストとして大きな転換期を迎えた。
展示会場であるoaは、元々は八百屋で現在はオルナティブ スペースとして活用されているが、2021年11月末には取り壊しが予定されている。この様な場所で展示する事に、大きな意味を感じ、個展を開催した。
いま転換期にある世の中、アーティストとして転換期にいる作家自身と、取り壊しを予定されている会場、未来の新しさに向けて変わろうとする3つの”*Paradigm shift”が交差する展示である。
*Paradigm shift(パラダイムシフト):今までの当然だとされていた価値観や思想、物事が劇的に一変すること。

プロフィール

【鈴木希果】
1998年東京都生まれ。多摩美術大学工芸学科陶専攻卒業。現在、東京藝術大学美術研究科グローバルアートプラクティス専攻在学中。2020年に滋賀県立陶芸の森にて3ヶ月間の滞在制作を行う。
陶制作をバックグラウンドに、土という素材を介し制作を繰り返す事で、自身の存在意義や他者との関係性、人と自然が織りなす世界をテーマとして彫刻や絵画、インスタレーションなど幅広い媒体で創作活動を行なっている。

お問い合わせ

kikasuzuki123@gmail.com

実施場所

oa(東京都港区) 


※事業概要等の情報は、助成をしている団体及び個人より提供されています。