ライブラリー

アーツカウンシル東京ブログ

アーツカウンシル東京のスタッフや外部ライターなど様々な視点から、多様な事業を展開しているアーツカウンシル東京の姿をお届けします。

東京アートポイント計画通信

東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを共催することで、無数の「アートポイント」を生み出そうという取り組み。現場レポートやコラムをお届けします。

2019/06/14

書籍『これからの文化を「10年単位」で語るために ー 東京アートポイント計画 2009-2018 ー』の店頭販売をはじめました。

今年度、10周年を迎えた「東京アートポイント計画」の活動をまとめた書籍『これからの文化を「10年単位」で語るために ー 東京アートポイント計画 2009-2018 ー』のショップでの取り扱いをはじめました。東京都内の「FALL」「museum shop T」で販売しています。ぜひお立ち寄りください。

書籍の詳細はこちら

■西荻窪の雑貨店「FALL

記念すべき1店舗目の店頭販売は、TERATOTERAエリアである西荻窪に位置する雑貨店FALL。作家ものの道具、雑貨、近所の音楽家たちのCD、書籍やアンティークなどのほか、週替わりで自主企画の展覧会も開催しています。「TERATOTERA祭り@西荻窪 “TEMPO de ART”」では、アーティストとコラボレーションしながら2012年には東野哲史さん「Tit Collector」、2013年には関川航平さん「私たち」の作品制作と展示にご協力いただきました。

店主の三品輝起さんは6月より新潮社「webでも考える人」にて、エッセイを連載中です。

雑貨の終わり

■国立駅徒歩三分、地域の文化と本のあるお店「museum shop T

国立市の「museum shop T」でもお取り扱いいただけることになりました。セレクトされた多摩エリアの作家やデザイナーの作品を中心とした‟地域の文化と本のあるお店”です。併設されたギャラリーでは展覧会も開催しています。

グラフィックデザイナーでもある店主の丸山晶崇さんは、Tokyo Art Research Lab(TARL)の研究・開発プログラム「旅するリサーチ・ラボラトリー -フィールドワークと表現-」(2014-2017)でデザインディレクターを担当していただきました。

旅するリサーチ・ラボラトリー

また、多摩エリアに精通する丸山さん。今年2月のTARLレクチャーにおいて、立川でのアートプロジェクトのこれまでを紐解くナビゲーターを務めていただきました。

「レクチャー3 アートプロジェクトが立ち上がる土壌とは 3つの地域の実践を辿る【平成編】」第1回立川エリア レポート

JR中央線に位置する個性あふれるふたつのショップ。ぜひお手にとってご覧ください。今後もお取り扱い店舗が増えるごとにお知らせいたします!

*東京アートポイント計画からのご案内

東京アートポイント計画について
公式Facebookページで最新情報をお届けしています
月刊メールニュース登録はこちらから
書籍『これからの文化を「10年単位」で語るために ー 東京アートポイント計画 2009-2018 ー』発売中

最近の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012