ニュース

2017/11/29

「東京芸術祭2018」プランニングチームを発表

「東京芸術祭」は、東京2020オリンピック・パラリンピック大会、さらにはその先まで東京に世界から人が集まり、東京の魅力を満喫できることを目指す芸術祭として、2016年にスタートしました。

2018年から2020年まで、東京芸術祭総合ディレクターとして宮城聰氏(演出家/東京芸術祭APAF-アジア舞台芸術人材育成部門プロデューサー/SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)が就任することに加え(2017年3月発表)、このたび「プランニングチーム」のメンバーを発表いたしました。東京芸術祭は2018年から、宮城総合ディレクターと「プランニングチーム」のメンバーが協働し展開いたします。前年同様にフェスティバル/トーキョー、芸劇オータムセレクション、としま国際アート・カルチャー都市発信プログラム、APAF-アジア舞台芸術人材育成部門などを据えながら総合ディレクター直轄プログラムなど、一層幅広いプログラムで実施する予定です。
また、東京芸術祭2018の目玉プログラムとして、イタリアを代表する演出家ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ氏による『野外劇三文オペラ』(会場:池袋西口公園)の上演も予定しております。本プログラムは12月に出演者オーディションを行います。

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
東京芸術祭2018プランニングチーム発表および『野外劇三文オペラ』上演のお知らせ

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。