ニュース | 2015年6月

2015/06/24

キネコ国際映画祭2015開催のお知らせ

キネコ国際映画祭は、子供たちのグローバルな想像力を育む、世界中から集まった上映作品をすべて「ライブシネマ(生吹き替え)」で体感できる日本最大級のこども世界映画祭です。 短編、長編織り交ぜた日本作品や海外作品上映とともに、バリアフリー環境でのコンペティション作品上映のほか、海外映画祭の関係者、映画製作者、子役など、映画に関わるたくさんのゲストを招聘します。また、上映の鑑賞だけでなく、小さなお子様でも...

2015/06/11

文化経済学会〈日本〉 2015年度研究大会シンポジウム「五輪文化プログラムの社会的な意義と役割 ――ロンドン2012の実績と東京2020への展望」について

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を5年後に控え、文化プログラムへの期待が高まっています。 しかし、一過性の文化イベントを開催するだけでは意味がありません。文化プログラムを通じて何を達成し、どのような成果を残すのかを明確にすることが求められています。2012 年ロンドン大会の文化プログラムは、かつてないスケールと内容を伴うものでした。それは、英国社会にどのようなインパクトをも...

2015/06/08

フォーラム「『障害のある人の文化芸術活動と、これからの社会』-ロンドン2012から東京、その先の未来へ-」取材のご案内

6月17日(水)にフォーラム「障害のある人の文化芸術活動と、これからの社会」-ロンドン2012から東京、その先の未来へ-を開催します。 本フォーラムでは、2014年より英国「アンリミテッド」(障害のあるアーティストの創造性溢れる活動を支援する大規模なプログラム)のシニア・プロデューサーを務めるジョー・ヴェレント氏や英国を拠点に振付家、ダンサーとして活動をしている南村千里氏をはじめ、日本でアート、デザイン、スポーツなど様々な分野で活躍されているスピーカーの方々をゲストにお迎え、英国の成果などを共有しながら、2020年を視野に、障害のあるアーティストが活動の場を広げ、より多様性のある社会を作っていくためのヒントを探ります。

2015/06/03

平成27年度アーツアカデミー 調査員募集のお知らせ

アーツカウンシル東京では、芸術文化活動のこれからの支援のあり方について見識を持った人材を育成すること目的に、「アーツアカデミー事業(調査員制度)」を実施します。

2015/06/03

公益財団法人東京都歴史文化財団 常勤契約職員(係長級)〔プログラム担当〕を募集します。

公益財団法人東京都歴史文化財団の常勤契約職員(係長級)を募集します。 意欲溢れる方からのご応募をお待ちしています。

最新の更新記事

月別アーカイブ

2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。