ニュース

2018/10/31

「第11回恵比寿映像祭」テーマ及び作家第1弾発表

恵比寿映像祭は、年に一度、恵比寿・東京都写真美術館や恵比寿ガーデンプレイス、地域文化施設を会場として行なわれる映像とアートの国際フェスティバルです。
このフェスティバルでは、「映像とは何か」を考えるため、年毎の総合テーマのもとに様々な時代やジャンルの映像を集め構成します。国内外のビデオアート、インスタレーション(空間展示)、劇映画、ドキュメンタリー、アニメーション、実験映像、体験型のメディアアート、ライブ・パフォーマンスなど、多彩な作品がジャンルの壁を越えて一堂に会するのは、世界的にみてもユニークな試みです。
第11回目を迎える今回は、「トランスポジション 変わる術」をテーマに2019年2月8日(金)から2月24日(日)まで開催。多様な作品から見出される「映像とは何か」を、関わり・参加する皆さんで考えてみたいと思います。

第11回恵比寿映像祭
会期:2019年2月8日(金)~2月24日(日)[15日間]
※2月12日(火)、18日(月)休館
時間:10:00~20:00(最終日は18:00まで)
会場:東京都写真美術館/日仏会館/ザ・ガーデンルーム/恵比寿ガーデンプレイス センター広場/地域連携各所 ほか
料金:入場無料 ※定員制のプログラムは有料

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
「第11回恵比寿映像祭」テーマ及び作家第1弾発表

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。