ニュース

2019/10/18

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13 「放課後ダイバーシティ・ダンス」港区ワークショップ参加者募集開始のお知らせ

Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル 13「放課後ダイバーシティ・ダンス」(After-school Diversity Dance、略称ADD) では、東京・港区でのプロジェクトの実施を決定しました。ADDは、子供たちが地域住民やダンスの専門家との様々なワークショップを通してシビックプライドを醸成しながら、一つのダンス作品を振付・創作するプロジェクト。既にスタートしている国市立と日の出町に港区が加わり2020年に向けて都内3カ所で展開します。
ADD港区では、日本舞踊家・振付師の尾上菊之丞(尾流上四代家元)をメインのワークショップ講師およびクリエーションの演出家として現地に派遣。尾上菊之丞、港区の大人たち、子供たちが協働して、ワークショップとダンス作品のクリエーションに挑み、2020年夏の上演を目指します。この度、ADD港区のプロジェクト始動に際し、ワークショップ「ほうかごダンスXダンス remix」の参加者を募集開始します。
本プロジェクトは、幅広く多様な身体表現が築く、国籍や言語、性や世代を超えた人と人とのつながり(ダイバーシティ)や地域への愛着など、港区から未来を耕す持続的なネットワークの構築を目指します。その第一歩であるワーシクョップに、ぜひご参加ください。

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13「放課後ダイバーシティ・ダンス」港区でのプロジェクト実施が決定

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13についてはこちら

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。