ニュース

2021/06/18

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13「パビリオン・トウキョウ2021」パビリオン会場追加2ヶ所発表及びシンポジウム開催決定のお知らせ

「Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13」のひとつとして、東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、パビリオン・トウキョウ2021実行委員会が主催し開催する「パビリオン・トウキョウ2021」につきまして、この度、パビリオン会場の追加2ヶ所(明治神宮外苑 いちょう並木入口/渋谷区役所 第二美竹分庁舎)の詳細と、関連イベント「パビリオン・トウキョウ2021 シンポジウム」の開催が決定しましたのでお知らせいたします。

パビリオン・トウキョウ2021
会期:2021年7月1日(木)~9月5日(日)
鑑賞時間:パビリオンごとに異なります。また、鑑賞時間は変更になる可能性がありますので、最新情報は公式ウェブサイトにてご確認ください。
※一部のパビリオンには休館日がございます。また、入場料や事前予約が必要な会場がありますのでご注意ください。
会場:新国立競技場周辺エリアを中心に東京都内各所
ビクタースタジオ前、明治神宮外苑 いちょう並木入口(*)、国際連合大学前、旧こどもの城前、渋谷区役所 第二美竹分庁舎(*)、代々木公園 パノラマ広場付近、kudan house 庭園、浜離宮恩賜庭園 延遼館跡、高輪ゲートウェイ駅改札内
(*追加発表会場)
パビリオン・クリエイター:藤森照信、妹島和世、藤本壮介、平田晃久、石上純也、藤原徹平、会田誠、草間彌生
特別参加:真鍋大度 + Rhizomatiks
公式ウェブサイト:https://paviliontokyo.jp/

関連イベント:「パビリオン・トウキョウ2021 シンポジウム」
本企画「パビリオン・トウキョウ2021」で実際にパビリオンを設計したクリエイターに、隈研吾(建築家)、ジャーナリスト、経済学者など多彩なスピーカーを交えて開催します。 本企画ではいったい何を伝えようとしているのか? なぜ今、東京でこの実験的な企みをしかけたのか? その真意をディスカッションします。
会期:2021年7月2日(金)、3日(土)、9日(金)、10日(土) 全6回
会場:国際連合大学 1階奥 アネックス・スペース
※参加無料、要事前予約

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13「パビリオン・トウキョウ2021」パビリオン会場詳細発表(追加2ヶ所)/関連イベント「パビリオン・トウキョウ2021 シンポジウム」開催決定

Tokyo Tokyo FESTIVALスペシャル13についてはこちら

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。