ライブラリー

アーツカウンシル東京ブログ

アーツカウンシル東京のスタッフや外部ライターなど様々な視点から、多様な事業を展開しているアーツカウンシル東京の姿をお届けします。

東京アートポイント計画通信

東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを共催することで、無数の「アートポイント」を生み出そうという取り組み。現場レポートやコラムをお届けします。

2019/06/24

鳥取県湯梨浜のゲストハウス「たみ」を訪ねて(Artpoint Meeting #08の舞台裏)


となりまちの店舗で「たみ」のカードを見つけた。

2019年6月18日、東京アートポイント計画チームは、鳥取県湯梨浜町を訪れました。

目的は、7月7日に開催するトークイベント「Artpoint Meeting #08 -10年の“こだわり”を浴びる-」のゲスト・蛇谷りえさんにお会いすること。そして蛇谷さんが共同創業者として運営するゲストハウス「たみ」とその地域について知ることです。

詳しいレポートはイベント本番に譲るとして、今回は湯梨浜の雰囲気をお伝えするべく、訪問中に出会ったエピソードをお届けします。


ゲストハウス「たみ」。内部は撮影禁止。

■「わたしのことは、まちの人に聞いて」

「まちを歩いて聞いてみてください。わたしのことも、『たみ』のことも、まちの人のほうが知っているから。ふふ」

蛇谷さんにご挨拶してそうそう、そんな言葉を受け取りました。

2012年に湯梨浜で開業した「たみ」は、山陰エリア初のゲストハウスであり、地域に新たな移住者を呼び込む入り口のような役割も果たしています。

もとから暮らしていた人も、移住して新しい仕事を始めた人も、小さなまちでは多くの人が「たみ」を知っているというのです。

「蛇谷さんはね、すぐ泣くよ。トークとかで話していると感極まっちゃって」
「最初来たときは、あの子たちに何ができるのかなって思ってたの。でもひとつひとつ、ステップをクリアしていったのよね」
「ここ数ヶ月、蛇谷さんとの“二人飲み”が、『たみ』スタッフの間でブームなんですよ」

まちを歩きながら、蛇谷さんの輪郭を描くようなお話にたくさん触れました。


湯梨浜のまちを巡る東京アートポイント計画チーム。懐かしい景色が続く。

■「ここは昔、賑やかな温泉地だったの」

「湯梨浜は合併でひとつになったまち。3文字がそれぞれ3つの地域をさしているのよ。昔は賑やかだったんだから」と、教えてくれたのは、湯梨浜で食堂を営む“お母さん”。

羽合(湯)、東郷(梨)、泊(浜)の3地域からなる湯梨浜は温泉地です。かつては射的場や置屋もある華やかな観光地でしたが、いまは大きな旅館ひとつと、国民宿舎を残すのみ。

そんな寂しくなった生まれ故郷で、“お母さん”は「女神輿」をつくる挑戦をしたそう。

3年かけて粘り強く交渉し、実現した悲願の「女神輿」。いまではまちの女性たちが神輿をかつぐのは当たり前の光景になってます。

「老いも若きも、まちの女性に役割をつくるのが大事なのよ。わたしが引退したとき、泣いたのは蛇谷りえちゃんだったわね」

小さなまちで新しいことを始める。パワフルな女性が活躍する土壌が湯梨浜にはあるのかもしれません。


湯梨浜は昔ながらの温泉街。「東郷温泉」のアーチの向こうには、まちを象徴する東郷池がひろがる。

■「その人、その場所でしかできないこと」

「『たみ』の元スタッフも含め、この周辺には20人ぐらいの移住者が暮らしているんですよ。『たみ』に来た人が常連になって、そのうち暮らしたくなって、仕事がないから『たみ』で働いたりするんです」

「たみ」の共同創業者・蛇谷りえさんが何気なく語ったことに、わたしたちはびっくりしました。移住者を増やすのは大変な時代です。20人はかなり多いのでは。

「僕も最初は『たみ』のゲストハウスに住んで、開店準備をしてましたよ」と、近くの書店の主も言います。

たしかに現在、ゲストハウス「たみ」の周辺には、素敵な書店や、おしゃれな古着店、焼き菓子の美味しいカフェなど、「近くにあったら毎日通いたい!」と思うような場所があります。その多くは移住してきた若者が立ち上げたものです。


湯梨浜の書店「汽水空港」。新刊と古書両方を扱う、小さいながらも充実した書店だ。

この訪問では、蛇谷さんから「たみ」で考えてきたこと、実践してきたことをたくさん伺いました。いつでも新しいことを考え、本当に必要なことを実践する、蛇谷さんの視点と行動力には圧倒されるばかり。

まさに〈10年の“こだわり”を浴びる〉ような、「たみ」と湯梨浜訪問でした。

トークイベントというと、誰にでも応用できるようなハウツー情報が求められがちですが、今回のイベントでは蛇谷さんと湯梨浜でしかできないだろう実践を語っていただきます。

せわしなく更新される東京に暮らすわたしたちは、「その人、その場所でしか、できないこと」にもっと耳を澄ましたほうがいい気がするのです。

続きはぜひ会場で聞いていただきたいです。ご来場、おまちしています。

■イベント情報

東京アートポイント計画 Artpoint Meeting#08 – 10年の“こだわり”を浴びる –

日時:2019年7月7日(日)14:00〜16:30(13:30開場)
会場:TOT STUDIO(THINK OF THINGS 2F/東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1)
*JR原宿駅竹下口より徒歩3分
参加費:無料
定員:60名(要事前申込)
出演:蛇谷りえ(うかぶLLC共同代表)、佐藤李青(アーツカウンシル東京)、嘉原妙(アーツカウンシル東京)
主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

詳細プログラム・ゲストプロフィールはこちら

お申込みフォームはこちら

*東京アートポイント計画からのご案内

東京アートポイント計画について
公式Facebookページで最新情報をお届けしています
月刊メールニュース登録はこちらから
書籍『これからの文化を「10年単位」で語るために ー 東京アートポイント計画 2009-2018 ー』発売中

最近の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012