ライブラリー

アーツカウンシル東京ブログ

アーツカウンシル東京のスタッフや外部ライターなど様々な視点から、多様な事業を展開しているアーツカウンシル東京の姿をお届けします。

東京アートポイント計画通信

東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを共催することで、無数の「アートポイント」を生み出そうという取り組み。現場レポートやコラムをお届けします。

2012/12/10

POD通信 12月号を発行しました

早いもので今年も残り1か月を切り、寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
東京アートポイント計画「秋の陣」ともいえる数か月から息つく間もなく、12月1日~2日を中心に7つのプロジェクトが展開されました。東は足立、 墨田区から、豊島、渋谷、練馬区、小金井市までを舞台として、アートで結ばれた人・まち・活動の“接点”がさらに広がった週末でした。

さて、次号は年明けとなります! 素敵な新年をお迎えください。

» 平成24年12月号

【Pick Up】 墨東まち見世2012
http://machimise.net/


10月24日「墨東文庫 街頭紙芝居編 ~まちで見つけた物語、まちで語る物語~」の口演。地元の子供たちもオリジナルの紙芝居を楽しみました。

0月19日から週末を中心に開催された「墨東まち見世2012」メイン会期が11月25日、盛況のうちに終了。主に曳舟・京島・東向島・八広・押上エリアで、4つの特別企画と数多くの参加企画がまちを彩りました。
特別企画は、「墨東文庫」(写真)の他、古い家屋を改装したスペースでお隣との関係を考える「私たちがおすそわけできること」、点在する作品を巡り ながらまちも体感する「どこにいるかわからない」展、まちで集めた素材でつくった旗を秋空にはためかせる「ロジ展 はためくわたしたち」などさまざま。
同時開催の100日プロジェクト「曳舟湯怪」の作品は、約80年の歴史を閉じた「曳舟湯」の記憶を引き継ぐもの。現在もエリア内の一部の銭湯でご覧いただけます。

最近の更新記事

月別アーカイブ

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012