ニュース

2019/10/03

上野「文化の杜」新構想 海外アーティスト招聘プログラム「想起の⼒で未来を:メタル・サイレンス2019」開催のお知らせ

上野文化の杜新構想実行委員会と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京は、上野公園とその周辺地域を舞台に社会包摂をテーマにした文化芸術事業「UENOYES」を展開し、世界に向けて上野の魅力を発信しています。
今年度の海外アーティスト招聘プログラムでは、2019年10月18日(金)~11月17日(日)の金土日祝に、「想起の力で未来を:メタル・サイレンス2019」と題して、昨年度展示を行い好評を頂いた上野の歴史的価値のある建築物である旧博物館動物園駅にて作品展を開催します。
今回招聘する海外アーティストは、クリスティーナ・ルカスとフェルナンド・サンチェス・カスティーリョのスペイン出⾝の作家2名です。クリスティーナ・ルカスは、スペイン・ゲルニカの悲劇に発想源を置き空爆の開始から現在に⾄る世界の市民の犠牲者をたどる空爆地図を表す全6時間を超える3⾯映像インスタレーションの⼤作≪Unending Lightning(終わりえぬ閃光)≫を展示。この会場の持つ歴史とメッセージ性が重なり合う作品展⽰となります。フェルナンド・サンチェス・カスティーリョは、上野公園の多種多様な豊かな樹木にちなんだ、“折れそうになっても⽣存し続ける”ブロンズ製の木の新作≪Tutor(テューター)≫を展示します。
この両作品を合わせた今回の展示タイトル「メタル・サイレンス2019」は、人類史を声なき者の視線で再構成するクリスティーナ・ルカスの作品≪Unending Lightning≫の中で触れられる“死を導く鋼鉄の兵器”、そして、植物という⾔葉を持たない樹木≪Tutor≫の沈黙を表現できる芸術の素材としてのブロンズ、という金属の二面性も表しています。

詳細は、下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
プレスリリース及び取材のご案内 海外アーティスト招聘プログラム「想起の力で未来を:メタル・サイレンス2019」

事業ページはこちら

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。