ライブラリー

アーツカウンシル東京ブログ

アーツカウンシル東京のスタッフや外部ライターなど様々な視点から、多様な事業を展開しているアーツカウンシル東京の姿をお届けします。

東京アートポイント計画通信

東京アートポイント計画は、地域社会を担うNPOとアートプロジェクトを共催することで、無数の「アートポイント」を生み出そうという取り組み。現場レポートやコラムをお届けします。

2021/07/08

「移動する中心|GAYA」松本篤さんのインタビュー記事が、ウェブマガジン「雛形」に掲載されました

東京アートポイント計画で事業を展開する「移動する中心|GAYA」(以下、GAYA)は、世田谷区で収集された昭和のホームムービーを利活用するコミュニティ・アーカイブのプロジェクトです。GAYAの企画・運営に携わる松本篤さんのインタビュー記事が、ウェブマガジン「雛形」に掲載されました。

記事では、プロジェクトの背景や、ロスジェネ世代を中心にムービーを活用する「サンデー・インタビュアーズ」の活動などについて紹介。他者によって残された記録を見たり、それをもとに語り合ったりすることを通して、現在に生きる自分たちの視点を見つけ、共有していく姿勢に注目いただいています。

「過去の映像を単に懐かしいとか、古き良き時代という印象で終わらせるのではなく、より深く映像を見て、自分たちが生きている現代と比べながら、考えを深めていきたい。働き方や余暇のあり方も含めて、自分たちのいる場所や時代について、一緒に考える仲間づくりをしたいのです」
(記事本文より)

▼記事はこちら
「経験していない出来事を、 人はどう伝え継ぐのか? 歴史に刻まれない、市井の人々の記録をなぞる。/松本篤さん(AHA!) 」(文:兵藤育子 写真:熊谷直子)

▼関連情報
GAYAでは「サンデー・インタビュアーズ」のメンバーを募集中です! 説明会(要事前申込)にご参加のうえ、ご応募ください。

「サンデー・インタビュアーズ」新規メンバー募集のお申し込み・詳細はこちら
※説明会の事前申込は【7月8日(木)23:59まで】です。

【「サンデー・インタビュアーズ」募集概要】
定員:若干名(応募多数の場合は、選考させていただく場合があります)

参加費:無料(オンライン・ワークショップの参加にかかる通信費はご負担ください)

活動に参加するには:まずは、いずれかの説明会にお申し込みのうえご出席ください。

オンライン説明会の日程:
2021年7月9日(金)19:00~20:00
2021年7月11日(日)10:00~11:00

主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、特定非営利活動法人記録とメディアと表現のための組織[remo]、公益財団法人せたがや文化財団 生活工房

企画運営:AHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ]


「サンデー・インタビュアーズ」とは
世田谷で収集された昭和の8ミリフィルムのアーカイブサイト『世田谷クロニクル1936-83』。これらの映像に映っている風景を手がかりに「今」という時代と出会い直す、参加型のプログラムを実施します。各自で『世田谷クロニクル1936-83』に公開されている映像をじっくり観て、オンラインで仲間と自由に話し合い、気づきや発見をインタビューなどで深めていく、3つのステップで構成。他者の残した記録をフックに、現代という時代を照らし出す━━そんな楽しさを分かち合うメンバーを募集します!
https://aha.ne.jp/si/


*東京アートポイント計画からのご案内

東京アートポイント計画について
公式Facebookページで最新情報をお届けしています
公式noteアカウントでアートプロジェクトの現場の試行錯誤をつづっています
月刊メールニュース登録はこちらから
書籍『これからの文化を「10年単位」で語るために ー 東京アートポイント計画 2009-2018 ー』発売中
書籍【新装改訂版】『東南アジアリサーチ紀行 ―東南アジア9カ国・83カ所のアートスペースを巡る』発売中

最近の更新記事

月別アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012