ニュース

2016/10/06

「六本木アートナイト2016」 メインプログラム発表のお知らせ

2016年10月21日(金)から23日(日)に開催する「六本木アートナイト2016」において、メインプログラム・アーティストをつとめる彫刻家・名和晃平氏が手掛けるメインプログラム、3作品を発表いたします。

本作品では名和晃平氏が、希少植物を求めて世界中を飛び回るプラントハンター、西畠清順氏と、バルーン(風船)の既成概念を覆す大胆な発想で造形作品を制作するユニット、デイジーバルーンとのコラボレーションにより、六本木に文化の夜明けを象徴する「森」を出現させます。時期を併せて開催される「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」などで国際都市東京に世界中から人々が訪れるのと同様に、人と重力、時間と空間の関係性を表現する彫刻作品「Ether」(エーテル)が国内外から多種多様なものを引き寄せ、六本木という都心を異空間に変貌させます。これらの作品は、六本木ヒルズアリーナ、国立新美術館、東京ミッドタウンの3か所で展開いたします。

プレスリリースは下記PDFをご覧ください。
コンセプトは“六本木の「森」で迎える、文化の夜明け” ついに 『六本木アートナイト2016』 メインプログラム発表!

イベントページはこちら

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。