ニュース

2019/04/25

Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募採択事業「放課後ダイバーシティ・ダンス」 概要のお知らせ

「放課後ダイバーシティ・ダンス」(After-school Diversity Dance、以降ADD)は、2020年に向けた文化プログラム「Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募」採択事業のひとつです。東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京が主催する事業として実施します。
「ADD」は子供たちが放課後の学校や児童館などで様々なダンス(舞踊)にふれながら、文化的多様性(diversity)を自ら体験し、考え、子供たち自身がダンス作品を創作し発表するプロセスを重視したプロジェクトです。地域に根付くダンスにまつわる文化や活動をリサーチし、それに関わる人・場所・情報をつなぐことで、多様な活動がお互いに刺激を与え合い、新しい多文化時代のダンスが生み出される「回路(=仕組み)」を構築します。
いよいよプロジェクトを開始しますので、概要をお知らせします。

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
ダンスが生まれる「仕組み」を地域内に生み出すプロジェクト始動! Tokyo Tokyo FESTIVAL 企画公募採択事業「放課後ダイバーシティ・ダンス」

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。