ニュース

2013/08/12

平成25年度 東京芸術文化創造発信助成第II期公募のお知らせ

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)では、東京の芸術文化の魅力を向上させ、世界に発信していく創造活動とその担い手を支援するため、東京を拠点とする芸術団体等に対して活動経費の一部を助成しています。平成25年度第II期は従来の1年間の活動を対象とした単年助成に加え、最長3年間にわたる長期プロジェクトに対する助成を開始します。

平成25年度第II期公募のポイント
  • 長期助成を開始
    海外での活躍の幅を拡げる活動や、これまでにない意欲的な企画に取り組み、東京を代表する国際的な芸術団体へのステップアップとなる活動等を最長3年間にわたり支援します。

  • 助成対象の拡充
    公演や展示等に加え、芸術創造環境の向上に資する各種プログラムや教育普及活動も対象となります。

平成25年度第II期 単年助成プログラム

単年助成の申請書類の提出締切は平成25年9月9日(月)消印有効です。

東京都内又は海外において実施される発信力のある公演・展示・アートプロジェクト、芸術創造環境の向上に資 する各種プログラムや教育普及活動をサポートします。

■対象期間
平成25年10月1日以降に開始し、平成26年9月30日までに終了する活動

■対象となる分野・活動

  • 対象となる分野:
    特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)・音楽・演劇・舞踊・美術・映像・伝統芸能・様々な活動の複合的なもの(フェスティバル)等
  • 対象となる活動:
    東京を活動拠点とする芸術団体等が主催(または主体となって実施)する、東京の芸術文化を国内外に発信する公演・展示・アートプロジェクト等。また、東京の芸術創造環境の向上に資するプログラムおよび教育普及(アウトリーチ)プログラムも対象となります。

■助成金額:

助成対象経費の2分の1以内

  1. 都内での活動:上限200万円まで
  2. 海外での活動/都内および海外で行われる国際コラボレーション活動(共同制作)等:上限400万円まで

※第II期から対象となる芸術創造環境の向上に資するプログラム等については、上限100万円までを想定

■審査基準
実現性に加え、革新性・独創性、影響力・普及力、国際性、将来性、継承性(伝統芸能の場合)のいずれかに優れていることを重視します。また、活動基盤形成期、活動拡大・発展期、活動成熟・トップ期など、それぞれのステージに則した助成方針に基づいて審査します。

平成25年度第Ⅱ期単年助成プログラム公募ガイドライン(PDF)

■申請に必要な書類
助成金交付申請書(EXCEL

PDF
収支予算書(EXCEL

PDF
申請団体調書(EXCEL

PDF
暴力団等に該当しないことなどの「誓約書」
WORD

PDF

■参考記入例
「助成金交付申請書」の記入例(PDF
「収支予算書」の記入例(PDF
「申請団体調書」の記入例(PDF

すべてのファイルをまとめてダウンロード(ZIP)

Internet Explorerをお使いの方は、EXCELファイルに対して行う操作の選択の際、「開く」ではなく、「保存」か「名前を付けて保存」をお選びください。

■申請締め切り:平成25年9月9日(月)消印有効


平成25年度 長期助成プログラム

長期助成の申請書類の提出締切は平成25年9月13日(金)消印有効です。

今後芸術シーンや社会で重要な役割を担っていく芸術団体等が実施する、国際プロジェクトや意欲的な企画等を最長3年間継続してサポートするプログラムです。東京を活動拠点とし、将来ビジョンや長期的展望を有する芸術団体等が実施するプロジェクトを対象に、準備の段階からその実現までに必要な活動経費の一部を助成します。

■対象期間
平成25年10月1日以降に開始し、平成28年9月30日までに終了する活動

■対象となる活動・分野

  • 対象となる分野:
    特定のジャンルにとらわれない芸術活動(複合)・音楽・演劇・舞踊・美術・映像・伝統芸能
  • 対象となる活動:
    海外からの新作委嘱・招聘公演等、海外での活躍を拡げるもの。海外のパートナーと継続的な国際コラボレーションを行い、高い水準の成果を生み出すもの。これまでにない意欲的な企画に取り組み、東京を代表する国際的な芸術団体等へのステップアップとなるもの。

■助成金額:

助成対象経費の2分の1以内

3年間の総額が1,200万円(2年間のプロジェクトの場合は総額800万円)を上限とします。なお、毎年の助成金額の配分は、申請者の活動計画に応じます。

■審査基準
実現性に加え、革新性・独創性、影響力・普及力、国際性、将来性、継承性(伝統芸能の場合)のいずれかに優れていることを重視します。また、活動基盤形成期、活動拡大・発展期、活動成熟・トップ期など、それぞれのステージに則した助成方針に基づいて審査します。
長期助成の審査にあたっては、書類選考による第一次審査通過プロジェクトに対して、プレゼンテーションとインタビューによる第二次審査を実施し、採択を決定する予定です。

※平成26年度長期助成につきましては、第I期(平成26年2月末)に公募開始予定です。

平成25年度第II期:長期助成プログラム公募ガイドライン(PDF)

■申請に必要な書類
助成金交付申請書(EXCEL

PDF
収支予算書(EXCEL

PDF
申請団体調書(EXCEL

PDF
暴力団等に該当しないことなどの「誓約書」(WORD

PDF

■参考記入例
「助成金交付申請書」の記入例(PDF
「収支予算書」の記入例(PDF
「申請団体調書」の記入例(PDF

平成25年度長期助成プログラム:書類一式:ZIP

Internet Explorerをお使いの方は、EXCELファイルに対して行う操作の選択の際、「開く」ではなく、「保存」か「名前を付けて保存」をお選びください。

■申請締め切り:平成25年9月13日(金)消印有効


申請方法

郵送により下記の宛先にご提出ください。
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
「東京芸術文化創造発信助成」担当
〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国3階

本件に関するお問い合わせ

アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
電話:03-6240-2293 ファクス:03-6240-2294
E-mail: josei[at]artscouncil-tokyo.jp

最新の更新記事

月別アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。