ニュース

2019/10/04

「東京キャラバン in 埼玉」取材のご案内

「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の主要プログラムである「東京キャラバン」は、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、劇作家・演出家・役者の野田秀樹・総監修のもと、言語や国境、表現ジャンルを越えた多種多様なアーティストたちへの参加を呼びかけ、これまでおおよそ交わることのなかった表現者同士の“文化混流”を実現させることで、2015年より今日まで東京キャラバンでしか観ることのできない新しい表現によるパフォーマンスを創出し続けている文化ムーブメントです。
来る10月13日(日)、「東京キャラバン in 埼玉」がさいたま市内(大宮公園)で開催となります。
当日のパフォーマンスには、リーディングアーティストとして初参加した「FUKAIPRODUCE羽衣」の糸井幸之介と深井順子、振付家・ダンサーの黒田育世の下、東京から参加する俳優・ダンサーのほか、秩父音頭やスティールパン(カリブ海のトリニダード島で生まれた打楽器)などを披露する埼玉の伝統芸能の担い手や表現者たちが、ジャンルを超えた“文化混流”に挑戦して創作した、ここでしか観られない新しいパフォーマンスを披露します。
つきましては、ご多忙の折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、何卒ご取材賜りますようお願い申し上げます。

東京キャラバン in 埼玉
日程:2019年10月13日(日)16:15~ ※取材受付開始 15:30~
会場:大宮公園・埼玉百年の森内特設会場(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4)
​※雨天時は大宮公園体育館にて実施
参加アーティスト:糸井幸之介/深井順子(FUKAIPRODUCE羽衣)、黒田育世(振付家・ダンサー)、石川朝日(俳優)、大石丈太郎(俳優)、澤田慎司(俳優)、代田正彦(俳優)、日髙啓介(俳優)、山森大輔(俳優)、★Steelpan Band -Pele- & Colors、★皆野民俗芸能奏楽研修会(秩父音頭・大神楽)、小松陽佳留(衣装)、青木兼治(映像)、金子愛帆(写真)
★=埼玉県で活動する出演者

詳細は下記プレスリリース(PDF)をご覧ください。
新たなリーディングアーティストを迎えて“文化混流”に挑戦!「東京キャラバン in 埼玉」取材のご案内

イベントページはこちら

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。