ニュース

2021/02/08

新設助成プログラム「スタートアップ助成」「伝統芸能体験活動助成」公募開始のお知らせ

公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京では、東京の芸術文化の魅力を向上させ、世界に発信していく創造活動や、地域の文化の振興、社会や都市の様々な課題に取り組む芸術活動を支援しています。
2021年度から新たに、新進の芸術家・芸術団体等を対象とする「スタートアップ助成」と、伝統芸能の魅力を実技体験で発見し深めるための「伝統芸能体験活動助成」の2つの助成プログラムを開始します。

●2021年度 第1回 スタートアップ助成

 「スタートアップ助成」は、東京の芸術シーンで活動を展開していこうとする新進の芸術家や芸術団体等がチャレンジする新たな芸術活動を助成します。東京都内又は海外で実施される公演、展示、アートプロジェクト、国際フェスティバルへの参加、国際コラボレーション等を対象とし、若い才能が今後の芸術活動への地歩を築くためのスタートアップを後押しします。年に4回の公募を予定しており、助成上限額は、個人30万円・団体100万円、かつ助成対象経費の合計額の範囲内です。
申請者の資格
東京を拠点に芸術活動を行い、東京の芸術シーンの次代を担うことが期待される個人(新進の芸術家、プロデューサー、企画制作者等)又は新進の団体(芸術団体、実行委員会等) 
※個人の場合:申請する分野において、都内で自ら公開活動を初めて主催してから3年未満であること、又は、都内で自ら主催した公開活動の実績が5回以内であること
※団体の場合:団体設立から3年未満であること
対象となる事業の実施期間
2021年9月1日~2022年5月31日
申請受付期間
2021年5月6日(木)~5月31日(月) 消印有効

●2021年度 伝統芸能体験活動助成

 「伝統芸能体験活動助成」は、伝統芸能のさまざまな種目について、初めての人でも入り易く、かつ継続的に自ら実技体験ができる事業を助成します。多くの人が伝統芸能の面白さを体感し、その魅力を深めていく機会を増やすことで、伝統芸能に対する理解を促進し、もって伝統芸能の振興を図ることを目的とします。
申請者の資格
東京都内に本部事務所や本店所在地が存在する団体(劇場、音楽堂、芸術団体、NPO、実行委員会等)
※公共劇場、公共ホールを運営する財団法人や民間企業等は、事業の主催者・共催者である場合は申請可
対象となる事業の実施期間
2021年7月1日~2022年6月30日
申請受付期間
2021年5月10日(月)~6月30日(水) 消印有効

プレスリリース(PDF):
アーツカウンシル東京 新設助成プログラム「スタートアップ助成」「伝統芸能体験活動助成」公募ガイドラインを公開-5月より申請受付開始

各プログラムの詳細は、ウェブページより公募ガイドラインをご覧ください。
申請書は、申請受付開始日より当ウェブサイトにてダウンロード可能です。

4月8日(木)及び4月19日(月)に公募説明会をオンライン開催します。(要事前申込、定員あり)
「スタートアップ助成」の公募説明会についてはこちら ※5月14日(金)の開催が追加となりました。
「伝統芸能体験活動助成」の公募説明会についてはこちら

【お問い合わせ】
アーツカウンシル東京 企画室 企画助成課
TEL:03-6256-8431(平日10:00~18:00)

報道関係者からのお問い合わせ先

アーツカウンシル東京 広報
TEL:03-6256-8432

下記より、お問い合わせフォームもご利用ください。

報道関係者お問い合わせフォーム

最新の更新記事

月別アーカイブ

2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010

メールニュース

ARTS COUNCIL TOKYO NEWSLETTER

アーツカウンシル東京では、最新情報などをメールニュース(日英バイリンガル/HTMLメール)でお伝えしています。ぜひご登録ください。