アーツカウンシル東京の事業

2020年度
アーツアカデミー

「アーツアカデミー芸術創造活動の担い手のためのキャパシティビルディング講座」では、東京の芸術文化分野で、中核を担う人材の発掘と育成を目的に、様々な芸術文化分野における活動経験者を対象に、座学と各々の課題解決研究によって創造活動と社会との関わり方について学びます。
「アーツアカデミー東京芸術劇場プロフェッショナル人材養成研修」では、劇場や文化施設で活動することのできるプロデューサーやコーディネーターの育成を目的に、東京芸術劇場内でのOJTとレポート作成に取り組みます。また、公開型のレクチャーや講座も運営します。

開催場所

アーツカウンシル東京、東京芸術劇場

イベント情報

アーツカウンシル東京アーツアカデミー

アーツカウンシル東京アーツアカデミーでは、これからの時代の芸術文化の担い手を発掘、育成することを目的とし、2018年度からは、芸術文化創造活動の課題解決及び目標達成に必要な思考力やスキルを多面的に磨くキャパシティビルディング講座を開講しています。講師による実践的なレクチャーとディスカッション、課題解決戦略レポートの作成・発表が主なプログラムです。ここでは様々な分野で一定のキャリアを積んだ受講生が集い、互いに学び合うことで新しい視点を掴む場が生まれています。社会と芸術文化の関係性を広い視座で捉え、創造環境全体の向上に取り組む方々や、「10年先のヴィジョンを描いて実践したい」「今の活動をもうひとつ高いステージに発展させたい」と、勇気をもって自らの実践を形成する創造の担い手の活動基盤・推進力強化をサポートします。同時に、創造活動の自由で新しい可能性を探る調査研究機能も備えるプログラムを目指しています。

東京芸術劇場プロフェッショナル人材養成研修

東京芸術劇場のスキルセットや施設の魅力を生かし、劇場をはじめとする公立文化施設やアートNPO、フェスティバル等の舞台芸術分野で将来活躍する人材の育成を目的とした、OJT研修を実施します。レクチャーやゼミ、現場での実務研修を通して、それぞれの業務に必要な知識や技能を付与するとともに、他の劇場関係者とのネットワークをつくる機会も提供します。同時に舞台芸術分野をめぐる多様な公開型レクチャーの実施を行っています。